2015/06/30

ついに、長谷寺の紫陽花を



別に天の邪鬼ではないが
あまりに有名な場所にはなかなか行く気が起きない。
あの人出と、事後のがっかりする気分を避けたいから。

それが、ひょんなことで、
観音様より紫陽花で有名に成った長谷寺詣でをしてしまった。

七里ガ浜プリンスで、2割引券の期限ぎりぎりのランチを摂った後
夫は車で藤沢へ、
私は、江ノ電、【七里ガ浜駅】までダラダラ下って鎌倉へ出る・・・
散歩・・・足腰鍛えないと歩けなくなる強迫観念に付き動かされ・・のつもりが、
電車内の見事な紫陽花のポスターに誘われ、つい【長谷駅】下車。

観光客にまぎれて境内にはいると・・・やっぱり、此の行列。
中国語が前後左右に飛び交う歩み。彼等が撮影する度に、ストップする流れ。
どんどん、抜いて、足早に目的に向かうほかない。
2015062914440000.jpg

盛りは過ぎているのか、ポスターのような景色はすでに無い・・・
明月院のそれよりダイナミックな分、此の花の陽気なエネルギーを感じる。
2015062914480000.jpg
7月に入ると鎌倉中の紫陽花は伐られたり植えかえられてしまうとの御案内が其処此処に。

一番の眺めは、やはり此処・・・由比ヶ浜、材木座、逗子、葉山・・・
というわけで、観音様参詣はスルー。仏様、御免なさい。
2015062914490000.jpg

木の下闇を抜けるたびに広がる紫陽花。そして蒼い青い空と海。
やはり鎌倉の花は、濃い緑があってこその美しさと改めて納得。

濃緑、緑陰、が今の季節だが、
四月、五月の新緑の輝きは、また、格別だったはず。
今年は、引退騒ぎと断捨離で、右往左往して居るうちに見逃してしまった。

ちなみに、ホテル、メインの【トリアノン】のランチ、美味しくなかった。
三笠会館も、ランチに手を抜いていた?
それとも、黙っていても不味くても、観光客が増える夏だから?





  

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント