どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

朝顔

 

東京のK先生から届いた朝顔。
仕立てた朝顔は初めてなので凄くうれしい。
2015070808450000.jpg

まだ一輪だけど、花の色が、シックで御洒落。新種?
2015070808440000.jpg

ほんの数日前、入谷の朝顔市がニュースで流れていた。
ふと、このブログで頂いたコメントを想いだして・・
「もしかしたら・・」なんて期待してたりして・・・。

お友達なんて言ったら失礼なぐらい
たくさんの生徒さんの御指導と、同輩後輩の尊敬を集めてご活躍のK先生。
忘れずにいてくださったこと、何よりうれしく感謝します。

身体的疲れも
闘わなければならない虚脱感も
なんとか、乗り越えて、
老後の健康と楽しみ捜しに出かけようと思っています。

あんなに、そのお別れが辛く、
胸が張り裂けそうに切なかった生徒たちへの未練、
いま、不思議なぐらい、きれいさっぱりして居ます。
子供は逞しい。
そう信じている自分が居ることに吃驚しています。(^_-)-☆









 





スポンサーサイト
5915:おはようございます
朝顔、多分団十郎という種類なのではないかと思います。
入谷の朝顔市でこの大きさならお高いですよ~~。

あ、いけませんね、ついお値段の話。

わが家はこの朝顔の3/2くらいの大きさで
花も小ぶりのものを買ってきました(東京近郊の朝顔市)

ホンネは入谷の朝顔市に行きたかったです。
5916:公文公を忍ぶ団十郎朝顔
朝顔市にご案内した時に、彼のお方が、この色の朝顔を見て「美しい」と言われたから 毎年送るのは団十郎。

そして 毎年 入谷の朝顔市が私のお墓参りの場所です。
行灯つくりの朝顔は、風情のある草笛先生のお庭に 似あっていて朝顔も嬉しそうです。、
5917:小林先生・・・公文公を忍ぶ団十郎朝顔
珍しくて、風雅なお花をありがとうございました。<m(__)m>
行灯仕立てというですね。
はい、雨にぬれた庭にピッタリでした。

会長がお褒めに成ったのですね・・・。(*^_^*)
先代団十郎というより先々代の団十郎さんでしょうか。
そう、団十郎の紋の地色に此の色を使っていましたね。
あずき色というか・・・乾いたアンの色。
私はモダンだと感じています。

記憶にある先々代は、不器用で、江戸風とは必ずしも言えないけど、
どこか影が在る二枚目でした・・・

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ミニ・コンサートにて・・ (06/28)
  • ビーフステーキ・・・! (06/27)
  • 懐かしい場所で・・。 (06/26)
  • 初夏に・・五句と一首 (06/25)
  • マオちゃんの悲劇 (06/24)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    最近の記事

    最近のコメント

    お友達の更新ブログ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    ブログ内検索

    RSSフィード