2015/07/12

日日草

  
藤沢の農協が開く【わいわい市場】で求めた日日草。

2015071211000000.jpg

むかしむかし・・・小説がありました。
【日々の背信】 丹羽文雄作
流行作家でしたから、最近はとんと見かけぬ作家になっていますね。
にちにちのはいしん・・・と読むそうです。
『背信・・テ、何?』と父に訊いたような記憶が有ります。
父はなんて答えたのか・・覚えていません。
そんなわけで、日日草という名前は何かしら私にはなじみ深いのです。

新種でしょう。中心の白が美しい。

日日の健康こそが大切としみじみ覚えることが最近有りました。
もっとも大事に思っている方が病に倒れています。
頑健なあまり、病を口にすることを軽視する風がありました。
ご自分にも他人にも・・・・
しかも、その方は、取り巻くたくさんの人々に影響が在る存在です。


一人残らず、誰にも訪れる加齢・・・・残酷ですね。
全ての病は・・・・その源は殆ど加齢現象なのでしょうか。
臓器が、血管が、全ての細胞が、いやおうなく老いて・・・【病】となって顕われる。

私の帯状疱疹は、薬をいち速く呑んだおかげで悪化せず、
痛みも無くなり、通院の必要が無くなりました。
発疹が黒くなり、綺麗に成るまでは月末までかかりそうですが。

毎日の健康がどれだけ大切か・・・しみじみ思います。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント