2015/07/23

何も変わりはしない




体調を理由に延期していたお食事会。
慰労会なのか陳謝会なのか・・・不明だが・・・
再度の御誘いに猛暑の中、品川まで。
品川プリンスHの最上階で、お寿司をご馳走になる。

仕事のリタイアー時の不愉快な諸々を
今更語って何になろうか・・・・・
目の前の方の責任ではない。
ただ・・・「指導が行き届かなくて」と繰り返す。
何度も、「創業間も無い頃からの40年間のご功績に感謝を・・」と頭をお下げになる。
社長とも成られる方は、頭を下げることもできるんだなあ。。と恐縮する。

ご自分の指導不足を嘆かれても、
社長自らが、地方の一局長の指導など出来るはずもない。
一局長の鈍感な行動と言葉が、会社全体の志向と誤解されるのは事実。


要は人材。
急成長を遂げた此の会社、あの20年前、大急ぎで集めた人材。
殆どが途中入社だが、教育産業への期待と熱意もあったはず。
伺ったところ、37人とか・・・・
その皆さんが、優劣に関係なく一斉に定年を迎えているそうな。
それが此の会社の今後の吉と出るのか凶と出るのか。
人生の半分を過ごした組織、出来得れば、良い方へと願うばかり。
教室後継者への私の不信感も、時代の変化の一つ故と言われれば我慢するのみ。
この国は、マナーもモラルも・・・コモンセンスも低い方へと変化した・・・・?!


象徴的な【東芝の不正】がクローズアップされている今、
社長の優劣も社員の優劣も、結局は人間性に有るのだと思う。
人柄はDNAよりも、「どんな育ち方をしてきたか・・・」が問われる。
知育、徳育、体育、・・・・学校でも可能かもしれない。
だが、感性は親が育てる。感性こそ、人柄を決定づける。
何を持って正とし、邪とするか、カギは感性。

【親】で在ることの責任は大きい。


たった二時間では、言いたいことの半分も言えなかった。
いえ、言わなかった。
正論を蒸し返しても、すでに組織の防御壁は厚く
言っている私自身の評価が堕ちるばかりだと気付いたから。

精一杯の笑顔で
『ありがとうございました』と深くお礼を言って
彼等の良心の呵責を、幾分、慰めてきたに過ぎない。。

【過去の人】私は、猛暑の品川から逃げるように帰って来た。

  




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

何もかわりはしない

キャンセルとは、、、
みんなで今度はぜひにと楽しみにしていたのです。

お身体のほうが一番ですからゆっくりと。

又の楽しみを待っています。

だれかじゃないですが

自分で自分を褒めてあげてください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今治リンドウさんへ・・・何もかわりはしない

健康はなんとか維持して居ます。
歯と整形外科と皮膚科・・・診察券が増えます。
歌は不可抗力が発生して・・・・残念です。


やまぼたんさんへ・・ お疲れ様でした。

ありがとうございます。
お気持ち、良く良く解ります。
私も同じです。眠れないときがありあmす。