2015/07/27

東芝電気の不祥事




TOSHIBA・・・
30年前、訪れたNYのタイムズスクエアに見た大看板。
日本人として、なんとも誇らしかったことを想いだす。

88bd0402a37396a0_S.jpg
社名はバブル崩壊とともに消えてしまったのだが、今も東芝のLED技術が活躍とか。



エリート中のエリートだったろう前社長、現社長
揃って頭を下げて言い訳して・・・なんとまあ、無責任な!

利益向上の目標に向かって全社員が頑張っていただろうと思う。
でも、思う通りに行かないことはままあること。
派閥抗争のなかでの見栄か、つまりは不正経理にまで手を出す。

東芝、歴代の社長、会長、
石坂泰三、土光敏光・・・
容貌魁威、威丈夫、そんな言葉がそのまま、あてはまる方々、
経団連会長として戦後経済界に君臨してきた。
その時代、東芝電気本社に勤務していた亡父は、
社長との、ほんの短い会話、千載一遇の対面を、
得意そうに、嬉しそうに語っていたものだ。
(ちなみに、終戦後、給料として現物支給されたのは電球。
父が、親戚知人に売っていた姿を覚えている・・・)

最近、社長交代時のニュースに写る容貌の軽さが気にはなっていた。
それは時代の持つ軽さだし、日本人全体の薄さだろうし、
年齢的に下の世代へのこちら側の偏見だろうと思うようにしていた。

前社長、現社長、いわんや前々社長から関与していたとされる不正経理、利益水増し?
原因や経緯の詳しいことは解らないが・・・
経理に詳しい夫は『何処でも多少はやってんだよ』と一言。
え?そうなの?と問うても、もう何も言わない。

家中の電化製品が東芝製だった父の家庭と違って
TVはシャープ、クーラーは三菱、冷蔵庫は日立、掃除機はダイソン・・・の我が家。
世界制覇したかに思えたソニーの苦況も伝えられる今、
良いもの、安いもの、選ばれる時代の企業経営は難しいのだろう。

縁が薄くなったとはいえ、東芝が地に落ちるのは残念。
かつての三菱電機、日立電機、がそれぞれ復興したように
いずれは、また、信用を回復し業績を上げて行くことを祈りたい。
  





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント