草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

美味しいお店・・・2



ちょっと足を延ばして、横浜まで出るなら・・・
大桟橋の入口に在る【スカンデイア】。
私が学生の頃から在る、歴史的レストラン。名前通りの北欧料理。
150x150_square_723284.jpg


お酒だけを楽しむなら・・【横浜グランドホテルのバー】で。
女性連れ出大丈夫。お値段も正しいし、ヨコハマなんとかっていうカクテルも楽しい。

元町や山手を案内して・・【港の見える丘公園】に建つ【ポートヒル・ホテル】
此処のレストランは庶民的で静か。横浜見物の親戚を連れてくるかな?

横浜駅前の【シェラトン・ホテル】二階ラウンジでのお茶は短い面会用に。
時間無いけど会いたい・・・そんな時にはここを指定します。

「みなとみらい」地区、ランドマークのロイヤル・ホテル、
吃驚するほど安価なのは地下一階【キャフェ・フローラ】
ただし窓からの景色はドッグ・ヤード・ガーデンだけ。横浜造船所時代の跡。
img5.jpg
10人前後のお集まり、送別会やら同級会やら二次会やら如何。
会費が安くて喜ばれそうですよ。

横浜港のパノラマを是非お見せしたいとおもったら・・・ランクを上げて、
同じホテルの最上階のレストラン、【シリウス】へ。
2015080714550000.jpg
此処のランチはバイキング形式だから気楽に入れる。
午後はお茶タイム、夕昏はカクテルタイム、とにかく行けばそれなりにすごせそう。
夜のコース料理は、それなりに・・・


深いお繋がりでなかったり、
集う顔ぶれに、お互いに遠慮が有る場合はホテルが良い。
店内装飾の趣味は良いし、サービスが気持ち良いし、長居も大丈夫だし。
なんだったら・・・ロビーのソファでゆっくりとお話も。

逆に小田原方面は・・・また、いつか。
とにかく、私の独断と偏見ですから、保障は致しかねますが。

   


スポンサーサイト

Comment

kyoko says... ""
草笛さまのブログは 忘れていた過去を思いださせてくれるので嬉しくときどき訪れています。

昔(公文の仕事だから30年くらい前?) 山下公園の前のビジネスホテルに泊まりました。
部屋の窓をあけたら港の桟橋が見えました。

思わず ある歌詞を思いだしたのです。

窓を開ければ 港が見える
メリケン波止場の 灯が見える
夜風 潮風 恋風のせて
今日の出舟は どこへ行く
むせぶ心よ はかない恋よ
踊るブルースの 切なさよ

腕にいかりの 入れ墨ほって
やくざに強い マドロスの~~


淡谷のりこさんの「わかれのブルース」そのまんまの窓でした。

この唄の好きな理由は もっと昔にさかのぼります。
私が学生のころ、深夜まで勉強していたころ、
(火鉢のそばに椅子を置き火鉢に足をのせ、その上に毛布をかけ 要するにまた火鉢て)
毎晩聞いていたのが、深夜放送の森永のポートジョッキーでした。

「あのアカシアが最後の葉も、落としてしまった冬、
年若いセーラーは、かりそめのロマンスのほろ苦い思い出を
分厚いジャケットの襟に秘め、一人凍てついたアスファルトを鳴らすのです。
今宵のポート横浜は静かに暮れていきます。
ボ~~~~(霧笛がなる音)

マドロスさん 年若いセーラーに憧れた子どものころ
それも理由があるけれどしつこいからこれで終わります。



2015.08.09 10:49 | URL | #- [edit]
草笛 says... "kyokoさまへ・・・2"
> 部屋の窓をあけたら港の桟橋が見えました。
H・THE・YOKOHAMAかも・・・。


kyokoさんから、意外な思い出話を伺い嬉しいです。
私は新婚旅行で神戸港を走った時・・・彼がレンタカーを借りて・・・
この歌を想いだしたものです。
淡谷のり子さんも、鬼籍に入って、幾歳でしょうか。
昭和・・・良い時代だったような・・・思い出は美しい・・。


2015.08.09 12:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2155-38285ac0