2015/09/17

安保法案審議



議事堂内の、昨夜から今夕にかけての混乱振りは情けない。
どうせ、結果が見えているのに、すったもんだと揉めて見せる。
こんな醜い場面が、今夜にも世界中に発信される。

正直言って、我々国民の大多数にとっても、実に悩ましい。
憲法は守ってほしい。
でも、直ぐ隣の、怪しげな強大国の威圧感も切実。
ぐちゃぐちゃと、難癖をつけてくる国も、愚かしい専制君主国も、
水と緑と、四方の海に恵まれ、勤勉な国民を持つこの日本。
さぞかし、手に入れたいだろう・・・・
そんな欲望への牽制力としてもっとも効果的な軍事力。
それらを保持し、使用可能とするための法案なのだろう。

理想的な「外交力での解決」を簡単には期待できない我が国の外交力。
外交は・・・たぶん、日本人が最も苦手とするところだものね。

繰り返すが・・実に悩ましい。
l国民は、みな、口を閉じて・・・どうなるやらと見つめるのみ。

アメリカの戦争に巻き込まれたとして、その戦場に自衛隊員を送れる法案。
もう、覚悟しなければいけないのだろうか。
戦死者が出るんだよね。これからは・・・


戦争放棄を謳った憲法がなし崩しに消えて行くのを、見つめるしかない。
ああかこうか、なんとも悩ましい事案を前に、私の気概も萎んでしまう。  

【あのとき、もっと反対すればよかった・・】
将来、そんな後悔を口にする日の来ないことを切に願うのみ。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント