草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

小さな町の秋

  
お散歩をしなさい・・・
医者たちは口をそろえてそう言う。
15分?30分?8000歩?10000歩?

娘も、とにかく陽に当たらないといけないと言う。
涼しくなったのを期に
毎朝、ゴミ出しの足を延ばして・・・・小さな町内をぐるりと歩いてみる。

とにかく、出会う方達に声を必ずかけてみる。
「おはようございます」
「お久しぶり」
「行ってらっしゃい」
「何処に行くの?」


青い実が鈴生りの柿の木の前で佇む・・たしか80歳以上?の方にも。
「おはようございます!」
「がんばってますね」
「はい、柿にずいぶん実が生っていますね」
「どうぞ、お採りに成って、甘いですよ」
「でも・・・まだ青いし・・・紅く成ったら頂きます」
「大丈夫、もう甘いから・・甘くなければ言いませんよ」
せっかくの優しい言葉に、一つもぎ取り、頂いて帰りました。

2015092207370000.jpg

婆も歩けば、棒に・・・ではなくて、柿に当たる?
いえ、優しさに当たるんですね。







スポンサーサイト

Comment

今治りんどう says... "小さな町の秋"
少し色がついたからでしょうか
これが甘いとは信じられませんが
お優しい方ですね。

一万ぽ歩いていて足をやられて
今は病院通いで歩くのをやめた人が
います。

それで私は30分歩いてかえることにしています
がこれがいいのかどうかは
わかりません。

続けたいですが、、、

頑張ってください。

お花の写真綺麗ですね。
2015.09.23 19:25 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
草笛 says... "今治りんどうさんへ・・・小さな町の秋"
歩き過ぎないように気をつけます。
それに・・・
歩くのは好きではないのできっと心配は不要かも。
何事も過ぎたるは・・ですね。

30分ぐらいの歩きが適度かもしれません。
鎌倉駅まで・・・40分かな?歩くのが遅いから。
ちょっと疲れるようになっています。
2015.09.24 09:49 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2198-f5cd910c