どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

小さな町の秋・・・・2

 

今日も、M地所のチラシが入っていた。
売り物件は、存じ上げる方のお家。
我が町は、交通の便が比較的良く、しかも、手頃な地価だ。
広さも、60~80坪。庶民の住まいとしては、広すぎず狭すぎず・・・
100坪以上有れば、不動産屋は二、三軒、分割して、建て売りにする。

そのせいか
「このあたりの物件を探しています」のチラシも入る。

日本列島改造論が吹いた40数年前、開発された宅地に集まった住人達。
あの頃、何故か・・・・政治的策略もあったか、
首都圏の勤め人たちはこぞって近郊に住まいを求めて
ローンを組んだり親の援助を得て移り住んだ。

懐かしい先輩。親しくお付き合いしてきた年上の友人たち
私が子育てに忙しくしていたころの先輩ママ達が
老化による病を得て、あるいは、お元気だとしても、独居を避けて・・・・
お子様たちの近くへ転居したり、有料ホームに入られたり・・。
いつの間にか居なくなるのは、実に寂しい限りだ。

ぽつぽつと在った空き家が綺麗に体裁を整えて、売りに出されている。
5月まで我が仕事場だった一軒家もついに先日のチラシに載っていた。
東京に住む大家さんが覚悟を決めて売りに出たのだろう。
このあたりに詳しい【M地所】のチラシを玄関に置いておいたのが役立ったのだろうか?

空き家のままだと荒れ放題で見苦しいし危険でもある。
お隣も、お仲間が去った後、すぐに、お若い所帯が入っていただけて一安心。
税制が変わるし、マイナンバー導入も在るし、
中古物件の売買が増えるに違いない。

小さな公園の入り口の彼岸花の群。
2015092306500000.jpg

世代交代は避けがたく、町内住民の構成も変る。
それは、同時に町の気風をも変えてゆくのだろうか。
先輩たちが築いた町内会、子供会、敬老会、
着かず離れず、熱くも冷たくも無く、義務と責任をお互いに果し合う。
大丈夫、
代が変わっても、どうやら、この気風は変わらずに、伝わって行きそう!

万寿沙華と呼びたい形と色
毎年増えているが。。。球根?あるいは地下茎?。
2015092306500001.jpg

【全草有毒な多年生の球根性植物。散形花序で6枚の花弁が放射状につく。
分布は北海道から日本全土】ですって。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • ビーフステーキ・・・! (06/27)
  • (06/27)
  • 懐かしい場所で・・。 (06/26)
  • 初夏に・・五句と一首 (06/25)
  • マオちゃんの悲劇 (06/24)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索