草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

ちょっと箱根へ・・・

 

秋の日の第一土曜日

東京の友人二人と久しぶりのドライブ・・・
逗子葉山はさぞかし混むから、いっそ箱根へ行こう・・と。
丁度、午後1時の出発。

こちら方面も、混んでいるかと思っていたら、あっけないほど空いていました。
海岸道路134号線も、箱根路も。

富士山は、夏姿のまま頂上のギザギザまでくっきりと見せて立ち、
芦ノ湖は、こまかなさざ波を立てたまま遊覧船を浮かべ、
箱根神社には、寂しくない程度に散策する参詣客が三々五々。

ここまで来れば
風にそよぐ仙石原の薄ヶ原を観たいではないですか。
期待した銀色の穂波には、一週間早すぎましたが、
それはそれで、鈍い灰色が美しい。

車窓から見る景色も、ほんの数十メートルの散策も・・・
秋の日の木漏れ陽に照らされ、
あるいは、繁茂した木立の行く手に光る穏やかな陽溜りに眼を細め、
佇めば、静かな湖面のゆるやかで繊細な波の輝きに声を上げ・・

その上、気遣い豊富なお仲間達との温かいやりとりの中で
箱根路を久しぶりにゆっくりと、心行くまで楽しみ、
夜の7時には藤沢に帰りつきました。

大涌谷の噴火?で観光客が減っていたのかもしれませんが
半日で、こんなに余裕のある箱根ドライブが出来るのなら、
もっと、もっと気軽に楽しみたいものです。

車を降りて・・・お茶して・・・写真を撮るのもわすれるほどおしゃべりして、
紅葉前の緑色と 紺碧の空と 澄んだ陽の光を愉しんでしまいました。


よって・・・
2日の御成小学校前の酔芙蓉・・・昼の姿・・をご披露します
2015100213110000.jpg


敬老の日に遊びに来たカマキリくん。
網戸にへばりついて逃げません。お腹が大きい?
2015100207410000.jpg

花も虫も・・・命尽きる前の大仕事に勤しんでいるのに・・・
人間だけが余生を持て余すのはどうしてでしょうね。

 

スポンサーサイト

Comment

小紋 says... "箱根のこと"
一番に思ったのは 来春の駅伝のことでした。
落ち着いた風情を読んで 安心です。
阿蘇が噴火したら この辺まで飛ぶと言われたら
心配し 浅間は どうなってるのとか 全島火山に近い
国に住めば 地震噴火の心配は 尽きないです。
腹をくくるしかないですね。 
2015.10.05 05:14 | URL | #- [edit]
草笛 says... "小紋さんへ・・ 箱根のこと"
> 一番に思ったのは 来春の駅伝のことでした。
そうですね。忘れていました!
ほんと、心配です。
彼等の走る旧道は大涌谷からは離れていますので
大丈夫とは思います。

ドイツの旅行記、拝読しながら、やはり、来年は行こうという気持が
強くなっています。ありがとうございます。
2015.10.05 08:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2213-9c9336ec