草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

在野の才能

 

先日のオーボエ奏者、江原さんがプログラムの挿絵を送ってくださいました。

上品な愛らしリースをプログラムにして、それはそれは印象的なお誘い状。
なんて、素敵!
頂いた瞬間、幸せな気分になりました。

優しい色合いの秋の草花、ラヴェンダーや小鳥達、豊かな果実のなかで、
キッチンスタジオの女主人がケーキを持ち、下のほうでは愛犬が戯れています。
左にはオーボエを抱いた江原さん!
その下に、オーナーの御主人さま?帽子をかぶったイケメンさん。
しっかりと見れば見るほど、リースの中にストーリーがあるではないですか!

img006_20151005073801bab.jpg
(文字入れは私の仕業)

失礼ながら、アマチュアの方の絵とも存ぜず。
「素材屋さんの?何方にお頼みに?」なんて質問してしまいました。
お描きに成ったのが、出演者、江原さんご自身と知り、吃驚。
早速、パソコンに、送っていただきました。
こんな素敵な御誘いのチラシを、コンサートに?なんて、ふと、思ったから。(*^_^*)



お仕事にはしていない、プロでは無い。
でも、センスのある素晴らしい才能が、たくさん隠れているのでは?
たくさんのブログを訪問しても、そのまま仕事にして欲しい才能を散見します。

花のアレンジメント、お料理、書、洋裁、刺繍、鉛筆画、風景写真、手芸、
そうそう・・漫画も!評論も!
ただ指導者の意図に倣った作品は、その完成度が上質でも、まだアマチュア。
私が感動し、是非世に出て欲しいと願うクリエイティブな作品の制作者達。
決して、【先生】になろうとしない・・・作品を売買の対象にしていない・・・
いわゆる【在野の才能】というべきでしょうか。
羨ましいとも、教えて欲しいとも、勿体ないとも、思うのです。


お仕事として展開するには、また、別の才能が必要なのかもしれませんね。
でもでも、才能の煌めきにBe ambitious !と呟くのです。





 
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2214-4ef32eef