草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

改装というか・・・



やっと、暇の出来た今、家中、手入れをしている。。
幸い、基礎的部分の劣化や使いにくい場所は無く、
あえて、大工さんの必要も無い。
「堅牢に造られた家」との評価に父の配慮を今更ながら感謝する。
間取りの無理のない単純さは「住みやすいでしょう」・・と言われる。

あと10年を快適に過ごせることのみ願っての手入れ。
内装を一新すれば、見栄えも良くなるだろう・・と言いうほんの小さな願い。
幸い、ご紹介された職人さんはのんびりと、全てを請け負ってくれてる。
飾られたままの書画にまで気を配り、家具の配置や始末のアドバイスも。

お陰さまにて、玄関周りと和室の内装まで完了したところ。
少しずつ少しずつ、思いついた所からやってもらうという手順・・・。

材質や色見本をみても判断が尽きかねるのでお任せしたら・・・・
和室の砂壁はそのままに、
他の壁面は光沢のある白で仕上げてくれました。( ^^) _U~~
全とっかえを覚悟していた建具類も、丁寧に補修して。

2015101200460000.jpg 2015101200450001.jpg 2015101200450000.jpg
絵は私や夫がなんとなく集めていたものと一部交代。
父が飾った数点はもう寿命が来ています。風化とでもいうのでしょうね。

それにしても、家一軒の維持、高齢者にはなかなかしんどい。
空き家が増えるわけです。
新築マンションを、人生のステージに合わせて次々と借り換えるのもアリかも。


  



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2221-6ab7cd49