草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

かごバッグ・・・

 

この夏、鎌倉のシルバー女性の間で,あけびのかごバッグが大流行り。

あけびのかごバッグは、決してお安くない。
その分、上品で、その色味はフォーマル服以外ならどんな服装にもあう。
何処へでも持っていける。
しかも、実に軽い。
おババにとって、バッグの重さはかなりの負担。
ブランドのバッグをそろえていたとしても、・・・今や、使いたく無いバッグ第一位。
クロコダイルは勿論として、本革のバッグの重さったらない!
中身も、老人特有の小物が多くて、いよいよ、重くなるわけ。

そこで、軽くてそれなりの高級感があるバッグとして【あけびのカゴバッグ】。

まだまだ働き盛りの頃・・・10年以上前に
或るブランド・ショップで黒いカゴバッグに出会った。
2015103101340000.jpg
洒落ていて、大きさも程が良く、お気に入りだったが、幾分、擦れてやつれてきた。
一見、まだ使えそうだが・・・近くで見れば、みじめな様相。

同じような素敵なバッグを探したが・・・無い。
やっと、今年のバーゲンで購入したのはあけびの篭バッグ
昨日の写真、柿の後ろに置いて、引き立て役にしたバッグ。
黒褐色の色味に惹かれたのだが、平凡でちょっと不満が残る。

それでも、昨夜のコンサートに持ち込んでみた。

もう晩秋なのにカゴでは?と悩んだが、なんと、同じような方が数人。

やっぱり、あの軽さが捨てがたいんだろうな。



 
スポンサーサイト

Comment

コスモス says... "かごバック"
こんなに素敵なバックではありませんが昔使っていた

ことがあります。

丈夫でいつまでも使えますね。

今、バックを買う時の第一条件はやはり軽いということ。

最近はリュック、ちょっとお洒落なものを愛用して

います。いつもパンツルックですので・・・

腰の痛みには代えられません。

草笛さんもウォーキングで足腰鍛えておられるようで

すね。これから寒くなって大変でしょうが頑張って

下さい。
2015.10.31 12:46 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.10.31 15:02 | | # [edit]
草笛 says... "コスモスさんへ・・・かごバック"
リュックも用意してあります。(*^^)v
まだ、使用してませんが、いかにも散策というばあいには
使うつもりですが、日中は用事で出ますので、いくらなんでも
リュックではと控えてしまいます。

寒くなる・・・腰痛持ちには不安です。
なんとか切り抜けたいと思っています。
ご心配いただき、ありがとうございました。
2015.10.31 18:15 | URL | #- [edit]
草笛 says... "びくにさんへ・・・タイトルなし"
こんにちは・・・
もしかしたら大変失礼だったかと反省して居ます。
ただ・・・ブログを拝見した限りでは・・・、
年寄りを厄介に思っていらしたようなので反論したくなりました。


御主人は資産家の長男さん、大きな土地をもっているなら
恵まれているではないですか。学費も将来も心配ない!
義父母は妹さんが見ると有ればラッキーですね。

あなたが明るく前向きでど~~んと生きていれば
お子様も親離れが早まり自立することでしょう。
横から拝見して居て・・息子さんは少し甘えんぼうさん?
この年齢は親とは外で食事をしないと思います、普通。。
そっちの方が、私は心配です。
就職なら、理系と有れば大企業からも引く手あまた。
何だかかだ言いながらボーナスも史上最高と言います。
時代はまた徐々に良くなっていますよね。

なによりも、将来へのあなたの不安は理解しますが、その時はその時。
今は、愚痴を言わないで病気をしないで・・・趣味や友人と
愉しんでいた方が良い。夫や子供に心配かけないことです。

幸福過ぎて・・・要らぬ心配をするのかな?

私は子供が生まれてから同居しました。
ローンと教育費と実の父母が気持ち良く同居できるように。
孫の為に父が建てた家でしたので、家賃のつもり。
ぁ、土地は夫がローンで買いました。

貴女のほうが、ずっと幸福なんですよ。恵まれている。
愚痴をばらまかない方が良いと思う・・・・。
そうすれば、医者通いは無くなるはず。(*^^)v
2015.11.01 13:01 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.11.01 22:45 | | # [edit]
草笛 says... "Re: タイトルなし"
お舅様は農家の方?
価値観が頑固に固まっている人って居ますよね。
それでも、ご主人様の両親だから許すしかないかな。
こちらが変わらなければ、相手は絶対に変わりません。

貴方も、いろいろご苦労が御有りなのですね。
お子さんの事は心配ないです。
立派に就職して、お母様を安心させるでしょう。

生半可な理解で、余計な口をはさんで御免なさい。
それでも、少しでも元気はつらつとお過ごしください。


2015.11.02 18:12 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2239-ae96d5a2