2015/11/02

組織になじめない・・




今日は鎌倉老人クラブの機関紙、【やまもも】の編集会議。

やっと解ってきたこと。
【やまもも】発刊は、確かに、私が所属する教養部の仕事の一つ。
ところが、編集委員という専門の方が数人いらしゃること。
その方達は、各地域クラブの長ではないらしい。
かつてはそうであったろうが、その中の力ある方が編集委員として残った?
かくして、
市役所の意向に沿うように・・・出版社も変更され、編集もされていくこと。

・・・どうりで、なんとなく、居心地が悪かったわけ!

各クラブ長は8部門ぐらいに分かれていて活動することになっている。
例えばスポーツ部なら・・・ゲイトボール大会やグランドゴルフ大会を主催する。
だから・・教養部の一人として、闊達に意見も延べ、編集にも、積極的に参画。
そのたびに、座の空気に違和感を覚えて委縮する自分がいた。
男尊女卑?と疑念を持ったがそうではなかった。
おおむね、ジジたちは私に温かい・・・。

鎌倉市老人クラブ会のヒエラルキーや規則や専門用語?
そういう組織の中身の説明が全く無いママ・・・
おそらく、此の会長と言うポストは、長く努めている人が多いのだろう。
だから、新人を集めてのレクチャーが無い。

四月に就任してから、チグハグな言動や目が点!の想いが続いていた。
初回・・ヒエラルキーのトップクラスの役員会に出てしまい、
ヒラのあんたらは午後からとばかりに帰らされたり・・・
全くもう!、
そういう慣習を、あらかじめ教えてよね!(;一_一)

毎回の市役所【活き活き健康課】課長さんの威圧的な言動に首を傾げ、
???って反抗心が湧いてきたり!ようするに、ストレスが大きい。

晩秋になっても、乾燥に強いゼラニュウムは元気。
2015110116030000.jpg


まあ、上意下達、長いものには巻かれれば済むと、悟った次第。
そんなわけで、今日は編集会議と手帳に在るけど・・・欠席する。
冷たい雨の中を、老人センターまで行って、厭な想いをするこたあない。

もう老人なんだもの。

つくづく想う。
何もかも、独りで済ませてきた40年の身の処し方は頑なに身について
独断専行のまま、
いまさら、組織人にはなれないということ・・。


    

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

小紋さんへ・・・ ありがとうございます

>  奈良国立で 正倉院展があっているので
私も行きたくて・・・カレンダーに印を付けておりました。
昨日あたりで終了ですね。

たくさんお有りとは思ったのですがせめて宅急便の分だけでも
と・・・。

地区

よそでの仕事から 定年で帰ってきて
何も知りません わかりませんと
じっと 状況を見るしかないような
地区への入り方でした。
亀さんのようにぼつぼつと・・・ 

小紋さんへ・・・地区

確かに・・・
町内は新しい街なので、転入した方が役員になっても
すぐなじみますし、必ず、規則をお見せしています。

老人会の方です。
なんだかさっぱりわからないのですよ。(*^^)v
こういうことこそ、鎌倉市役所の課長さんの出番なのに・・。