どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

  【Madame Chic】・・ 大人のシックはパリにある



パリでの陰惨なテロの後で・・・
こんな本の紹介は如何なものかな?とおもわないでもない。
でも・・・あえて・・・

最近、オシャレなお婆さんが増えたなあと思います。
鎌倉にも、銀座にも、熟女以上の女性・・・日本式に言うならシルバー世代の女性。
自分流の御洒落を存分に楽しんで堂々と歩いている。

「バブル期に贅沢な御洒落を愉しんだ女性がついに老齢に?」
ぐらいの関心を寄せていたのだが、
なんと、パリ、ニューヨークそれぞれで
街中を行くファッショナブルな老女の写真集が出版され、人気だそうだ。。
そんな記事に眼をとめていたら
やはり、銀座を行くオシャレな高齢女性の写真集も出版された由。

モデルでもないし、スタイリストも居ない、素人のお婆さん達。
なにより、活き活きと自信に満ちた表情とたたずまいは洋の東西を問わない。
殆どの方々が仕事を持っている様子。
あるいは、過去にキャリアを積んだ女性たちの今の姿。

三冊をパラパラとめくって、買ったのはこれだけ。
2015111510430000.jpg


パリのお婆さんたち23人・・・58歳~78歳、70代は8人・・・は、
銀髪に合わせてか、白を上手く着こなして、赤やオレンジや緑をさし色にしている。
黒や紺を着るなら、かならず、顔周りに、明るいスカーフや大振りのネックレス。
靴は・・・健康次第でしょう、なかにはハイヒールの方も。室内だから撮影用かも?
低いかかとの靴なら・・それに合わせた服装に、あるいはグンとオシャレな靴。
ペッタンコだからとか、歩きやすそうだから・・だけではなさそうな選択。
それと・・皆さん共通していたのは、
大きな指輪とブレスレットをいくつも、幾重にも、重ねて付けていること!。
たぶん、腕や手の衰えをカバーしているようだ。

各自のコメントも在って、欧米人らしく、服装同様に個性的。
それは、現在の生活スタイルに拠るかもしれない。

「常に自分らしくありたい」
「上質の物をシンプルに」
「時流では無くて自流よ」
「着ていて楽で、しかもシックな物」
「体型をカバーしているとは見えないようにネ」
「流行は知っているけど、まずは自分をみつめること」
などなど、めいめいの言葉。



そんなこんなで見ているだけで十分楽しいけど、なにしろ写真集だから高価!
購入をしぶったN.Y版と銀座版の二冊は・・・図書館で借りましょうか。

在るかどうか・・・司書さんのセンス次第だけど。

大好きなパリの不幸。ISにかかわるこれらのこと、
もう、私の思考の範疇を超えている・・・・勘弁して。




  








スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • こなもん・・・?2 (05/28)
  • こなもん・・・? (05/27)
  • オリンピックなんて (05/25)
  • 【薔薇】または【The rose】。 (05/24)
  • 紫蘭・・・準絶滅危惧種!? (05/23)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索