草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   1 comments   0 trackback

勉強会・・・クリスマスコンサートに向けて・・・




12月16日 水曜日に藤沢のホテルでクリスマス会をします。
その、プレプレ勉強会。
各自、15名、二曲ずつ歌います。
伴奏は、横浜のソング・フェステイバルの時の若い方にお願いしました。
馴れない伴奏に、みんなびくびくと・・元気なく・・・一通り歌いましたが
案の定、先生から、きついご指導!

やっぱり凄い!先生の御指導の一言二言!
二回目には、みんな生き返ったように元気に、上手に、歌います。

レッスンが休会中、私も、余所のシャンソンのグループのコンサートを二三拝聴しました。
でも、我がプチ・ロンドは素晴らしい!
ひいき目でしょう・・・?

歌詞がきちんと伝わるのです。
この人はどんな歌を聴く人に伝えようとしているかが見事。
発声の良しあしや、リズム、などなど、もしかしたらもっと上手い人はいるかもしれない。
でも、その歌う方の魂が伝わるか、と言うことならプチロンドが一番!

2015111816590000.jpg

今回、良く越路吹雪が唄っていた【夢の中に君が居る】と
中島みゆきの【時 代】に挑戦。回る回るよ・・♪、アレです。
「格好良い大人の女性の唄にしてネ」の先生のご指導の前に、
まずは出だしのリズムが・怪しい。あと一か月、猛練習です。(;一_一)
天賦の才が無いと自覚して居るからこそ、私は人の二倍レッスンに通います。
どんどんご注意と指導をたくさん受けたい。
ワタシャMかい?と疑いたくなるほど、厳しいご批判が今は嬉しい。

勉強会の最後には、
ステージ上での動作、意味無い動き。先生はそれを『不穏な動き』と言い、
目線を上げ過ぎない・・・何方に向かって歌いかけているの?と問い、
歌詞を忘れた時の不安そうな眼差しは、聴く人をも不安にさせると笑い、
『聴く人は、貴女の眼を看ているんだから・・』と。
そしてなお、『素敵な笑顔でね』と。
究極のステージ・マナーを教えてくださった。


帰路に着くころには
メンバー皆さん全員の表情が、ぐんと明るくなりました。

それでも、それでも・・・・トホホですが。
下手の横好きも、生き甲斐に成ります。



  


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2254-79e94867