草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

半年の経過・・・

2015.11.23 Mon


仕事、公文式教室をリタイアして、
めまぐるしく暮らすうちにも、もう、6っか月。

「リタイアしたらしい」噂は、そろそろ地域全域にひろがったのでしょう。
人の噂は、少なくともおめでたいこととしては伝わらないものですね。
『心配して居たのよ~』と言われると憮然とします。(*^_^*)

脊椎狭窄症も、その前のひったくり事件も、伝わっていて・・・
その上のリタイアーなら当然、マイナス・イメージなのでしょうか?

さて、新しい引き継ぎ教室の噂も、あまり、芳しくない。
いわく、
『今度の先生は情緒が無い』
『ちゃんとやらない生徒は辞めてもらっても良いらしい』
『指導が、いわゆる学習塾や進学塾のセオリー通り』
『御父兄には丁寧で親しみやすいけど生徒には厳しい、冷たい』

などなど。
まあ、私に直接言う方の言は私への気遣い半分として省いて・・と、
そんな噂が・・・・そんなものでしょう。
それが、いまの若い方の感性なのでしょう。
あるいは、
公文式本部の意向にも沿っているのでしょう。
しかも、新教室は小学校から200mのマンションに設置と言う地の利!
しかしながら、
目論見通りの生徒数倍増とは行かないばかりか、
どんどん、退会させてしまっているらしいことが、唯一、悲しい情報。

一言で言えば、
営利主義・・・生徒への指導第一と言うより、父兄母親対応が第一と言う方針。
せっかく公文式指導者の持っていた母性の博愛主義的指導や、
利益を度外視してでも、『生徒の向上の為に』という運営姿勢は時代遅れらしい。


旧世代の公文式指導者は
学習塾が産業と成った今の時代
当然のように消滅していく定めだったのでしょう。

二年先には、
プリントは廃止されタブレットで学習する方針が決定。
紙に、手で書くからこそ、頭脳が刺激され学力に繋がる・・・
そんな手間暇を、営利の為に捨てようとしているのです。
タブレットなら、印刷代も・・・人件費も浮く・・
教室のアシスタントさんの採点の手間が不要に成ります。
日本人がどんどん劣化していくのも仕方ない?。

隣国への過度な偏見と恐怖感を述べることは、これまで、絶対に避けてきたのですが
日本の児童の学力を、いよいよ、下げたがって居る陰謀が在るのでしょうか?

まあ、人の噂は、不幸をこそ、愉しみますからネ

そんな世間には申し訳ないほど・・この半年、寂しく想う暇も無く過ごしています。
勿論、元生徒たちに逢えば、
誰かれなく、限りなく愛おしく想う気持ちに変わりはありません。
昨日も、地区の芸能祭参加の後、女児二人に逢いました。
眼をまん丸くして、見つめます。
「元気?頑張っている?」と問えば「うん!」と可愛いお返事。

これから、そんな喜びを、数年間は、味わいながら
おなじく、元生徒たちのお世話に成って・・・老後を迎えます。
お医者さん達も、町内会の役員たちも、元生徒たち。
彼等が、いよいよ、40代50代を迎えて・・
しばらくは、この佳き日本を担うでしょう。







  





 
スポンサーサイト

  • ジャンル : 日記
  • スレッドテーマ :

COMMENT



私が通っていたバレエクラスも先生が変わってから
生徒が激減。

六本木にある80代の某女性バレエ教師の経営していた
オープンスタジオも先生が亡くなったとたんに生徒が激減したため
クラスが3分の一!!!になってしまいました。

教育は先生の魅力によるところが大きいと痛感します。
色々大変な時間でしたね。

それでもお忙しい中楽しんでいられることは
ご自分をもまだまだ現役でいられそうですよ。
頑張って下さい。

80歳に近い私は、頭の回転も、身体の動きも
遅くなり、自分でわかります。

気を使われ出して痛感しております。(笑)
有難い事です。
公文式は教材と指導法は本部にあります。
私がスタートしたころから、ほんの10年前まで、宣伝は全て各指導者がしなくてはなりませんでした。そりゃ大変でした。全国に普及してからやっと最近TVCFなどが出来て、ずいぶん楽な仕事に成ったのです。その分、各指導者なりの指導とか運営が任されていたのですが、最近は全て上位下達で、詰まらなくなりました。解っていない若い社員が・・・という感想を持つようになり、これではリタイアをしなくてはねと。

まあ、すべて創業というのはそんなものでしょうね。
写真やパソコンへの御興味もあって、お元気いっぱいですもの大丈夫!。
お身体は・・私と殆ど変わらないかな。腰やら膝やらどこかしら痛い。
この痛みと付き合うしかないですね。
このコメントは管理人のみ閲覧できます

ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2257-ff6d518e

プロフィール

草笛

Author:草笛

FC2カウンター
ランキングに参加しています
カテゴリーは時事ニュースです
1日1回ポチっとお願いします
最近の記事
最近のコメント
お友達の更新ブログ
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝶が舞うリースの時計
蝶が舞うリースの時計
ブログ内検索
RSSフィード