2015/12/31

俳句仕舞いにて駄句五つ



  寒十六夜、「わりなき恋」の岸恵子
          目覚めれば 午前三時の小晦日( こつごもり )
  朱き実を はらりと落し つごもりぬ
   いわれなき鬱に目覚むる 冬の果て
  松飾り 亡父の 興趣をなぞるとや



来年は、本腰を入れて俳句教室を探します。
10年後の句集の上梓を目的にしてボケ防止に励みましょう。

青春の日の夢と挫折を謳う【ラ・ボエーム】
ちあきなおみの歌声です。



ちあきなおみさんが歌い終わった後、
もし画面にエディットピアフとあったらクリックしてみてください。
ピアフもアズナブールも
堂々とした素晴らしい声で唄ってます。
日本人はどうして抑えた発声になるのでしょう・・・。

来年もよろしくお願いします。





 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あけましておめでとうございます

俳句教室、いい教室がみつかるといいですね。

ブログに発表したものを句集で出せば
10年先よりもっと早く句集が出せるかもしれません。
楽しみにしています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。



まりりんごさんへ・・あけましておめでとうございます

こちらこそ、ことしもよろしくお願いします。
いつも、早起きさんでしょうか?
私も4時ごろは目覚めるのですがPCの前に座る元気もなく
だらだらと貴重な朝を過ごしています。
ことしはもう少し健全な生活を心がけようかな。(^_-)-☆

今年も宜しくお願いいたします。

ことしもよろしくおねがいいたします。

ちあきなおみに聞きいっています。

我凡人には頭に浮かばぬ名句もまだお勉強とか?
どこまで探求心がおありなんでしょう。

楽しみにしております。

お孫さんと一家のお正月よろしいですね~

リンドウさんへ・・・今年こそは

りんどうさんにとって大変な時を超えて、今年はきっと良いことばかりの年に成るでしょう。私も、身近の人々の異変に心を痛める日々でした。なんとか新しい年を迎えてくださっているので・・・・。
この年が穏やかで優しい一年で有りますように祈るばかりです。