2016/02/06

清原の人生・・



清原元野球選手の麻薬がらみの逮捕。
彼の如何わしさは、昔からの事とて、「ああ、やっぱり」が大方の感想だろう。

それでも、車の中で、眼をつぶる彼の横顔には
いいしれない、切なさと哀しさを覚える。

若くしてトップを極めた人達のその後の人生の長さよ!
早熟で有ることの悲劇は嫌に成る程、見てきた。
晩節を汚す・・・はつとに聞く言葉だが
晩節までにもいかない、普通なら、まさに人生の最盛期を迎える年齢だ。

家族友人が支えとなるはずだが
繊細な神経に、同情や哀れみは耐えがたく虚勢を張る・・・の繰り返し。
周囲も気遣いに疲れ果て、遠のくばかりだろう。

妻の離婚も、夫への憐憫を超えて、子供二人の為の決断だったろうか。

げにげに、
早くに、頂点を極めた人達の人生は難しいにちがいない。
トップアスリートたちを散見するたびに、その後の生き方の辛さを推測してしまう。
金メダルを獲れば、それなりにその組織の中で生きていける。
あるいは解説者やコメンテーターとして、マスコミに生き、CMに出て・・と言う生き方も?
さりながら・・そこまでは行けなかった数え切れないほどの多くの人生があるはず。
あらためて新しい道を見つけてひっそりとであろうと、
下り坂の時、上手くハンドルを操って・・・・無事に真っ当に生きて欲しい。

『逆転ホームランを期待している』・・・と、桑田元投手の言葉。

第三者にはまことに素晴らしい激励と聴こえるが
清原の耳には、何よりも言われたく無い言葉かもしれない。
「真面目ぶるお前にだけには言われたくない!」って。

おもえば巨人入団交渉時の時から始まる清原の不本意。
利に敏い大人たちと、友人?の巧みな裏切り。
少年を玩ぶ大いなる騙しを、スタート時点で、18歳にして経験させられた悲運。
その時の絶望と怒り・・・人間と人生への不信は、彼の精神を痛めたに違いない。
その怨念をどうやっても、拭い去ることができなかったのだろうと・・・推測する。

思えば、実に哀しい人生を私たちは傍観し、
マスコミは無責任に非難して居る。

slide_415402_5272874_compressed.jpg

清原の罪状の証拠をそろえるために半年も泳がせていたとか。
有名人や人気者を陥れる意地の悪さ。
彼が麻薬依存症というれっきとした病を得ていると承知したら・・・
一刻も早く救いだすのが筋と言うもの。

度重なるこの種の事件で、
麻薬に溺れた本人・・・患者を罰するのは少々筋違いかも。
中国やシンガポールに倣って、提供する側の罪を深く問い
罰則を今の100倍にでもして
患者救出の手段、施設に力を注ぐのが国の在るべき施策ではないだろうか。

  






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

清原の人生

プロ野球のことに疎い私でも清原選手の名前は

知っています。

有名人だっただけに気の毒で残念なことです。

人間どんなに体力的に強くても精神力がそれに

伴う訳もないことがよくわかります。


猫人気

先日NHkの日曜朝のテレビを見ていましたら「自然百景」

のテーマソングが流れれ出すと眠っていても起き出して

テレビの前に座る猫ちゃんがいると紹介していました。

その続きであちこちから「我が家の猫も・・・」と

動画が寄せられていましたが画面に見入る猫ちゃんの

後姿が何とも可愛くて・・・・

のん太君を思い浮かべてしまいました。

コスモスさんへ

猫の愛らしさは予想外の行動と姿態をみせるからでしょうか。
犬はそのあたり人間の期待に応えた反応ですから・・・。

美人を猫に譬えるのがよくよく判ります。
ツンデレの最たるものです。(;一_一)