草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

北朝鮮への制裁

 



彼の国が、危険行為に走り、バッシングを受ける。
そのたびに、私は心の奥で呟く。

「自分達が核兵器をいっぱい持っていて、
他所の国には持たせないって、どういうこと?」と。

いわゆる富裕な大国達が大量に蓄え、日々開発を進めている核兵器、
使えば、即、人類滅亡の危険を孕む核兵器、
オバマ大統領は核兵器を無くそうと就任演説をしたはず。
世界は歓迎したはず。
いつの間にか反故とされ、国連の議題にすらなっていないらしい。

つねに被害妄想の中に置かれる北朝鮮にすれば、
「自分達は持っていて、なにをほざいているんだ」と。
当然だと、私は思う。

かといって、解決策があるわけもなく・・・
いや、核兵器先進国全てが核兵器を放棄するならば?
そんな夢物語を口にする国も人も皆無。
ただただ、いかにして制裁するべきかと腐心する世界。

彼の国の暴挙と世界の制裁案が出るたびに
心の底で
持てる者の傲岸さと、持たざる者の恐怖をおもうのだ。







  
スポンサーサイト

Comment

今治りんどう says... "北朝鮮  清原の人生"
大変分かりやすい時事解説で読ませてもらうのが
楽しみです。

これからもよろしくお願いします。

2016.02.08 16:49 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
草笛 says... "りんどうさんへ・・: 北朝鮮  清原の人生"

いえいえ、詳しくも、正しくも無い、私の憶測と独断ですから。
どちらにしても正確な事はわかりません。

特に、北朝鮮のことには正直、お手上げですよね。
韓国統一の野望があるとすると・・・アメリカが非難するのは
もっともなこと。半島統一を諦めれば、アメリカも対等に応じる
のではないでしょうか。どっちにしても日本の立場は難しいですね。
2016.02.09 22:54 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2323-b0dfec6a