草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   5 comments   0 trackback

常識のマニュアル化

 

公文研究会とは昨年の5月を持ってお別れしたのですが
その後、金銭的授受が三か月続きました。
それでも、ビジネスライクに無事済んで・・・はや、もう一年近い。

友人から、8歳のお孫さまの為にと
【公文式国語教室】の紹介を依頼されてしまった。
お孫さまは父上の転勤に伴なわれ、オーストラリア、シドニーにお住まいとか。

やはり、事務局に頼むしかない。
電話口に出てきた女子局員は愛想良く対応してくれて
シドニー周辺から直ぐに探し出し、地図まで綿密に印刷し
無事、三枚のFAXを送ってくれた。

私の責任は無事果たせたので・・・正直嬉しかった。

一昨夜、ボランティア活動で伴奏をしてくれた若い友人に
お寿司屋をご馳走しようと藤沢まで出かけた。
そのついでに、電話でお世話になった女子局員にもお礼をしようと
通い馴れたF事務局に、五時ごろ立ち寄った。
勿論、ほんの小さな菓子折りなど持参して。。。

事務局にはアルバイトの女性二人と男性局員さん一人残るのみ?。
私の顔を観て、正直、驚いた様子。
それでも、懐かしがって、笑顔で対応してくれて・・
目的の女性には会えなかったものの
お礼の言葉とお菓子を預けるという、一応の目的は果せた次第。

十分もすると・・・
なんとなく居辛い雰囲気に怖じ気づき、早々に辞してしまった。
なんで?なんでだろう?
はは~~ん、立ち話のままだったものね。
テーブルはおろか、椅子も無し。
う~~ん、お茶一杯ぐらいくださっても罰はあたらないだろうにね。

お墓参りで見つけた白蓮・・・鎌倉、山崎山清祥院にて。
2016032010120001.jpg

リタイアーした指導者が突然来たら・・・

局員さんが採るべきマニュアルが無いんだろうな。
かと言って、電話で予告して伺うほどの用事も義理も、まして愛情もないし。
アルバイト女性は出過ぎた真似はし難いと言う遠慮もあろうが
責任者たる男子局員はマスクをしたまま、自己紹介もせず
中腰で、薄っぺらいご挨拶のみ。
それは・・ナッテナイよね!

マニュアル化しないと対応に困ってしまうんだろうな。
でもね、その前に常識とか礼儀作法とかありそうなのにね。
「十年後の公文式の為に働いてくださいね」
とお願いして事務局を辞した。

花冠の中を覗いたら薔薇のように美しい。
2016032010120000.jpg

常識感の格差はあまりにも広がりすぎ。
私が長く生きているから悪いんだろうね。



 






スポンサーサイト

Comment

小紋 says... "マスク"
 私も マスクを取って対応 してくれることを望みます。
 他の施設にお見舞いに行っても こんにちわに対して 偉い人なのか
 あ、くらい で おわると そこには 入りたくないし 紹介もいや。
 よく 考えて 仕事してと 言いたくなります。
 いいませんが。
2016.03.21 17:21 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.03.21 19:32 | | # [edit]
草笛 says... "小紋さんへ・・マスク"
共感していただけうれしいです。
マスクでくぐもった声は、相手に通じない。
だいいち、顔を隠したままというのが失礼ですよね。知らないのでしょう。だれか上司が言うべきですよね。
2016.03.22 13:09 | URL | #- [edit]
草笛 says... "ありがとうございます。"
こぶしと木蓮との区別がつきません。立派なのは木蓮と覚えてしまいました。訂正しますね。踊り子草も色々種類があるのですね。
どうぞ、ご遠慮なくご指摘ください。
2016.03.22 13:12 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.03.24 15:45 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2349-d3fd478f