どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

鼻っ柱の太さ考

 

広岡浅子女史をモデルにした「あさがきた」もいよいよ終盤。
ドラマのヒロインは可愛らしく華奢で女性らしい。
でも、実在した浅子女史は立派な体躯と容貌を供えた、まさしく女傑。
美人ですよね~~。美丈夫とでもいうのでしょうか。

images_20160322115621d2e.jpg

鼻が大きい。鼻っ柱が太い。
長年生きてきて・・思うことは、人相占いでは無く、
その容貌というか顔のパーツが、結構、性格と才能を表わしているということ。
一言で言えば、【男貌】と【女貌】があるようだ。

鼻っ柱が大きいと言うことは【男貌】の最たるもの。
猫だって、鼻の大きは、雌雄を見極めるポイントらしいですよ。(=^・・^=)

のん太・・・鼻が立派なんです。
2016032108110000.jpg

ご主人の広岡信五郎氏は、どちらかというと【女貌】
鼻梁がすっきりして顎が細い優しげなイケメン。
実業よりも、芸術性の高い顔貌とお見受けする。
此の方も、優しいだけでなく、立派に事業を支えたそうです。
男女の在り方が真逆なご夫婦だからこそ、
支えあい、愛し合ったことと信じられますよね。
fig-column09-HirookaShingoro.jpg

浅子が尽力して創立された日本女子大。
その創始者は成瀬仁蔵氏。
此の方、実は大阪の梅花女学園の校長だった由。
梅花?・・ええええ・・我が母校・・高校・・やん!

fig-asako0301-NaruseJinzo.jpg
趣意書を持って、女性の高等教育の必要を説いていたとか。

そういえば、
一昨年の大河ドラマ【八重の桜】のヒロイン新島八重は
D女子大の基礎を築かれた方・・。ここも、私の母校!

20130314161756625.jpg
ちなみに、浅子の娘が通った京都の女学校も、此処だったとか。
彼女が住んだ女子寮、もしかして私が居た寮の前身?

はてさて、八重さんのお鼻は如何に?


血の滲むような苦難を乗り越えて注げられた彼ら彼女らの女子教育への情熱。
由緒ある学校に通えたと言うのに
時を経て・・申し訳ないようなだらしない生徒の馴れの果て。
鼻ペチャをもってお許しくだされ。






      







スポンサーサイト
6241:鼻柱の太さ考
ご無沙汰しました。

いつも楽しく読ませていただいています。
ありがとうございます。

「あさがきた」私も毎朝みています。
明治時代からのこのような「男貌」の女性の活躍によって女子教育の礎ができたことを
改めて知らされた感じです。

草笛さんは正しく創始者の意志を貫く生き方をされていらっしゃると思います。

常識のマニュアル
どんなに時代が変わっても「常識の格差は
」あまり広がって欲しくないと私は思って
います。
これ以上色々変わって行くと日本
人が日本人でなくなってしまうような気に
なってしまいます。

白蓮が真っ盛りですね。
写真本当にきれいに撮れています。
6242:鼻っ柱の太さ考
ブログが開かなくてやっと先生宅で
して頂きました。
一杯でていてびっくりです。
写真を見せて貰うとよ~くわかります。
草笛さんもご縁がおありで、素晴らしいお方
です。
みかん先生もです。良きお友達同士で
お話を伺うだけでもうれしいです。
6243:コスモスさんへ・・・Re: 鼻柱の太さ考
いつもありがとうございます。<m(__)m>
白蓮は、こぶしだと言うご指摘を受けています。
違いが解らないので・・・・ごめんなさい。

毎日、常識のギャップを嘆いていますが・・・
あれもこれも、時代の中での変化と諦めるべきだと思っています。
でもね、教育を扱う会社は一番遅れていて良いと思ってもいます。

あまりイライラすると身体に悪いね。気をつけます。(;一_一)
6244:りんどうさんへ・・・Re: 鼻っ柱の太さ考
いつも、ありがとうございます。
みかん先生がいなければ、こんなにパソコンを楽しめませんものね。
でも、最近は新しい技術を覚えられなくなっています。(^^ゞ
金曜日がレッスン日ですので、新しいパソの使い方を学んできます。
微妙に違っていて・・・・実は、まだ古いのを使っています。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 懐かしい場所で・・。 (06/26)
  • 初夏に・・五句と一首 (06/25)
  • マオちゃんの悲劇 (06/24)
  • 【暗い艀】♪・・・ (06/22)
  • 銀座シックス見参 (06/21)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    最近の記事

    最近のコメント

    お友達の更新ブログ

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最近のトラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    蝶が舞うリースの時計

    触れると逃げてしまいます

    ブログ内検索

    RSSフィード