2016/04/01

四月

エイプリル・フールからスタートする四月。
各地の花だよりと重なって、進学や、就職のセレモニーが映し出されます。
新しい人生のスタート、
輝かしい希望に溢れる人生のスタートだと、決まり文句。

本当に、輝やかしいでしょうか?
私の青春時代は短く
不安と劣等感と挫折感と・・・諸々の想いに苛まれ、
決して【輝かしい青春時代】ではなかったかも。

暮れなずむみなとみらい地区・・・ブログ【凧と浜風】さんから頂きました。
xC1024467.jpg


結婚して、寛容な夫の柔らかな対応の中で、初めて自由になりました。
世間や親の期待に沿えずとも、ありのままの自分で良いのだということ。
32歳で、仕事まで得て、経済的にも自由に自立出来ました。
もちろん、夫から与えられた自由には、
六人家族の家政、子育て、という重責が伴いましたが。

いま、若い男女に結婚願望が無いといわれています。
独身時代があまりに自由気ままなせいかもしれません。
何事も自分の意のままになるということは、
寂しいことかもしれませんね。。

昨日は一週間後のコンサートの総練習でした。
いくつかのコメントに、そんなことを織り込みたかったのですが
見事に、【却下】。
金婚のついでに客席にいる夫に感謝を告げるのも
「そんなことは家庭内で」と。。。
明るいこと、楽しいこと、面白いことを言うようにとのご指導。

確かに、考えてみれば、
自慢気に聞こえること、例え、お一人でも不愉快に覚えること
言ってはいけませんね。


本音や深い想いは、このブログで呟くしか無さそうです。




🌹





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

四月

音楽会を楽しみにしております。

妹と昨日 段カズラをゆっくりと
通って来ました。

大勢の人でしたが落ち着きました。
桜が満開だったからでしょうか。

若木も何もかも新しいのでかもしれません。

リンドウさんへ

だんかずらは、ちらりと車の窓から見ました。桜の木も灯篭もなんとなくなじめずに前のほうが良かったなんて老人臭いことを思ってしまいました。りんどうさんのコメントに慰められて・・・こんどゆっくり見てきますね。

さくら 八重洲桜通り

流石と言いましょうかいつも驚かされます。

昔、月島に住んでいたので、田舎に行くのに
八重洲側から新幹線に乗っていましたが
知りませんでした

良い桜見物も出来ましたね。

りんどうさんへ・・・ さくら 八重洲桜通り

はい、私も初めて知りました。
東京も変わりました。
新宿も渋谷も。
横浜は変わらないほうですね。