2016/04/19

お水の確保を



🌸

いつまでも、ライフラインが修復されていない。
あまりの遅さに、そろそろあきれて来ますよね。
一日も早く、お水と、食料、寝場所を確保してあげたいものです。

被災地の情報によると、
何はともあれお水が一番必要だそうですよ。
トイレが一番困るそうです。
そうでしょうとも、流れないんだから。
流すにはバケツ2杯分の水が必要とか。
避難所のトイレがすぐにパンクして・・・・
使うに使えないという悲劇が起きるそうです。

彼の地に思いを馳せながらも、日常は過ごさなければなりません。
一種の虚脱感の中、せめて、春を迎えた小さな庭に立って、草むしりなど。

2016041811500000~0001

我が家は、一時流行った24時間ぶろ。
常時、風呂桶はお湯で満たされております。

何時でも、入りたいときにお風呂に入れます。
汚れているとか、雑菌がとか色々批判の的になっておりますが
手放せないまま、今日に至っています。。
私の不規則な生活や、腰痛を慮ってかもしれません?
お風呂は夫の責任範囲。
お湯を濾過するアレコレもメーカーから取り寄せ頻繁に交換、
循環器も、まめに掃除してくれます。
年に一度のメンテナンスも会社から派遣されて来ます。
今のところ、何ら支障もなく快適です。
そのうえ、お水を常備できるとなれば嬉しいこと。

グランドカバー用に植えたこの花、なるほど、良く蔓延ります。
2016041811490000.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お水の確保

少しでも早くと祈っております。

お庭のお花が癒しになります。

ふと、自分の部屋を見て
何人かは寝られますよ。と
独り言。

Re: りんどうさんへ。Re: お水の確保

> 少しでも早くと祈っております。
りんどうさんは、お優しいですね。

わたしも、さすがに熊本までは手が届きませんが
鎌倉に津波が来たら、うちにおいでね、と、
長谷にお住まいの方にさっき言いました。
本当に、熊本の皆様のお辛さがお気の毒で・・・。

父が、住まいは、高台に、がモットーでしたので、
津波だけは避けられそうです。
ただ、耐震建築なのかは確認しておりませんが、北東京の
保谷市が活断層の上と聞いて、こちらに越してまいりました。
関東大震災を経験している父でしたから。