2016/05/13

初夏の俳句三つ





五月になれば、俳句の世界では夏。

ゼラニュームも立派な夏の季語。
あの華やかさを、なかなか俳句には詠めません。。

解せぬことあまりに多し ゼラニューム


青嵐も、まさしく若葉が輝く今の時期の季語。
初夏の季節風は吹き荒れます。
それでも、
若葉を翻すぐらいの爽やかな風のイメージ。

診断は難病ならず 青嵐(あおあらし)

藤の花房は一つ一つの花が豆と成って、豆の房になります。
花が盛りのころ、蜂たちがぶんぶんと唸りながら蜜を集めた結果。
藤の豆が季語として認められているか否か?
歳時記には載っていませんが・・・豆は初夏・・

花房は豆実らせて 朝日浴ぶ

2016051309150000.jpg



俳句への興味は父譲りです。
晩年を俳句三昧で、ある域まで達した父。
作句に日々没頭したのは、ほんの数年、リタイアー後の五年。
昭和五一年から五六年の日々。
没後、父の念願だった句集【青紫蘇】を母と一緒に上梓したこと、
ふいと、思い出しています。
私、四二歳でした・・・・・

2016051312440000.jpg



 


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

13日 金曜 仏滅

全然気が付きませんでした。
もうすぐ一周忌がくるので、お墓参りに
行ってました。

初夏の若葉のキラキラしている様子は思わず
深呼吸をしました。

俳句の作られる理由がお父様ゆずりとは
さすがです。又、楽しみが増えました。

りんどうさんへ・・・13日 金曜 仏滅

> もうすぐ一周忌がくるので、お墓参りに
もうとも、やっととも、・・・お寂しいでしょうが
なにより、お孫様とご一緒のご様子、良かったですね。
昨日は穏やか日和で、お墓参りもご無事だったかと
思います。鎌倉も、ほんのちょっと静かになっています。