草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

【八月のパリ♪】

2016.05.26 Thu
  


歌の仲間たち
優しい、素敵な先輩たちが姿を消していく。
理由は様々だけど、要するに高齢化によるもの。
仕方ないと思うけど…寂しい限りだ。
その先輩のおひとりが歌っていらした【八月のパリ】。
彼女はいつも、低いキーで、淡々と唄って、
それでも、この歌の持っている雰囲気を存分に表現していらした。


近く、来日するらしいアズナブール。

【八月の恋】

パリの夏の日 二人の恋は はかなく崩れて 秋を迎える
貴方への望みは 裏切られて うつろな心で パリを彷徨う
涙と笑いの 二人の恋は その日暮らしの ひと夏の恋か
パリの街も空も 笑いかけた 二人だけの暑い夏の恋よ

あなたが遠く離れていても 私の心はあなたの傍に
そして、また別の私は 孤独な心で  光求めて パリを彷徨う
ああ、恋の涙を癒すパリよ、生きる喜びを語るパリよ
やがて また来る 夏の光に あなたの心を返してほしい
 


妻子がヴァカンスに出かけた8月、シャルル・アズナヴール扮する中年男性は
閑散としたパリの街にひとり残っています。
そして撮影のためにパリを訪れたイギリス人の若いモデルと出会い、
熱烈な恋をするという映画の主題歌らしいですよ。

以上、(^_-)-☆・・・ネットで仕入れました。
夏休みには「夫を残して実家に行ってはいけません」と
若いママさんたちに説教していた私。
だってさ、危ないもんね。



スポンサーサイト

  • ジャンル : 日記
  • スレッドテーマ :

COMMENT



我々のアルトの2名も骨折や他の病でおやめになったので
口パクという訳にいかず、
練習に精出しています。

老人の慰問ですがやはり先生が熱心なので
こちらも頑張っています。

8月の恋  も聞かせて貰いましたが
声もですが詞が良いのに感心します。
本当にね、若い人は子育て後は趣味よりお勤めに行ってしまうし・・
どんどんメンバーが減って、寂しい限りです。
いつか行く道と心得て、自分もそんなに長くないと思い
精一杯今を楽しむつもりです。

ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2407-c3b780dd

プロフィール

草笛

Author:草笛

FC2カウンター
ランキングに参加しています
カテゴリーは時事ニュースです
1日1回ポチっとお願いします
最近の記事
最近のコメント
お友達の更新ブログ
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝶が舞うリースの時計
蝶が舞うリースの時計
ブログ内検索
RSSフィード