2016/05/27

俳句


父の句集【青紫蘇】より夏の句 


青紫蘇の虫食いもある 狭庭かな
白牡丹 才女のまぶた 二重なる
夏帽子 憂いの眉は隠しえず


プレパドという番組をご存知だろうか
フラワーアレンジ、お料理、盛り付け、絵手紙 などなど
さまざまな趣味世界を知名人というか芸能人にさせて
採点し、ランク付けをする番組。
才能あり、凡人、才能無し・・・とかね。

俳句のコーナーが飛び切り面白い。
若い芸人さんが素晴らしい俳句を作ったり…
いまのところ、東国原さんや、梅沢富美雄さんが名人位に近い。
知識人や小説家の作品が詰まらなかったりの意外性も魅力。
何より面白いのは選句し、コメントし、添削する先生!
夏井いつき女史。
快刀乱麻の批評は的確で痛快。
そのうえ、どんなつまらない作品も彼女が添削すれば、生まれ変わる。
木曜日の夜のお楽しみだ。

つられて・・三つ、駄句。
上達はあきらめて・・ただ、ひねっている。

こと挙げの受話器を置きて 茗荷汁
蛍火を 初めて見しと 誰彼に
三つ四つ あれは確かに 蛍の灯 


近所の、ただの排水が流れていた川。
一昨年ごろから蛍が棲みだしたみたい・・・。
生まれて初めて観た蛍。嬉しい。

あとは・・・流れ星を観てみたい。。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

蛍の光

 川面を飛ぶ蛍 夏の何よりのごちそうです。
 うちの横の川も 蛍が飛びます 多いとき少ないとき
 この季節ばかりは 毎日通う 夜の道

小紋さんへ

街育ちの私は、蛍を見たことがありませんでした。
夜空はいつも町明かりでけむっていて、流れ星もみえません。
大流星も、ハレー彗星も。
そんなわけで、あとは流れ星を見たい。
六月には四万温泉に行く予定ですので晴れた空なら見えるかな?
期待していますが・・・。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 俳句

ありがとうございます。
くれぐれもお気をつけてくださいね。
私も去年の秋、退職の疲れからでした。