草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

大人の想定外。

2016.06.05 Sun

北海道の七歳男児が救出されたこと・・  
本当に良かったですよね。奇跡に近い。
少年の生命力、精神力、体力、すばらしいですね。

強い自立の精神は、時として、無謀な行為を生みがちです。

我が息子も、小2の頃、大船駅で叱ったら(理由は忘れました)、
言い訳もせず、プイと居なくなって、
そのまま歩いて家に帰っていました。
バスで、20っ分以上かかります。
たぶん・・・と信じていましたが、いわば、今なら、置き去り?。

我が娘は、幼長の頃、電車の車両を次々と独りで移動し、
いつもの、自宅のある降りるべき駅で降りず、
ホームから電車の中にいる姿を見て慌てたことがあります。
母と私が、【買い物したいから次の駅にしようか】と話していたのを聞きかじって。

友人たち親子数組で泊まったホテルから
何か子供仲間に言われたことにむくれて・・
独りで歩いて伊豆高原駅に先に着いていたのも小1。
実行力が先立って居るのです。
特に、娘は、ダンスをしても組体操をしても、
指導者の指示を待たず、
何分の一か、次の姿勢に入るのが他のお子さんより速い。
かといって、際立つほどの能力でもなく大人しい子供でした。

まして、日ごろから活発だったという大和君、
7歳の少年のご両親も、突拍子もないお子さんの言動、
エネルギーの発露を抑え込もうと躾に苦労していたのでしょうね。(^_-)-☆
あるいは、今までも、こんな風な躾をしてきたかな?
いつもなら、彼は、悠々と戻ってきたり帰宅していたり・・・?

「子供なのに・・云々」とコメントされますが、
子育てした方なら、記憶にある子供の想定外の行動。
特に、男児なら、
女性である母性には不可解なびっくりの連続だったはず。

大和くん、
あまりの悲しさと焦り、山中だったので、方角を見誤ったのでしょう。
行動力旺盛なのに、宿舎にじっとして待っていたという沈着さ。
凄いです。
それにしても、良かった良かった!

hana2015-09@@@.jpg
みかんさんにご指導いただきました。




 




スポンサーサイト

  • ジャンル : 日記
  • スレッドテーマ :

COMMENT



ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2417-febd4ab7

プロフィール

草笛

Author:草笛

FC2カウンター
ランキングに参加しています
カテゴリーは時事ニュースです
1日1回ポチっとお願いします
最近の記事
最近のコメント
お友達の更新ブログ
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝶が舞うリースの時計
蝶が舞うリースの時計
ブログ内検索
RSSフィード