2016/06/26

私もショックです!



イギリスのEU離脱は・・・
賛否が拮抗しているとはいえ、楽観していたから吃驚。

ハンフリーボガードが、渋い演技でひそかな愛を伝えた相手、
名画【カサブランカ】の女主人公
イングリッドバーグマンが演じたのは優雅な女主人公。
その夫は汎ヨーロッパ連合主宰者だった伯爵がモデルとか。

リヒャルト・クーデンホフ・カレルギー伯爵。
日本人青山光子を母とするハーフ。
幼名青山栄次郎・・長じて、反ナチのリーダーであると同時に
パン・ヨーロッパ、EU提唱者として、ヨーロッパ全体の平和と融合を訴え、
ドイツ占領下、追放され、亡命した人物だったとのこと。
360px-Coudenhove-Kalergi_1926_20160626091446d93.jpg

そんなわけで、
EUの存立には、日本人も縁がないわけではない。
混血という環境が国境を超えての融合、
というアイデアを生み出したのだろうと思う。

昨日の100m走で一位になったケンブリッジ・飛鳥選手、
野球のオコエ瑠偉選手、
バスケットやバレーなどでも活躍する混血の選手たち。
あちらこちらに、確実に若い混血の力の発揮を見るとき、
日本にも、いよいよグローバル化の実りが・・・と嬉しく思う。

とはいえ、人類の理想を具現化させたEU、
内向きな愛国心の高揚を理由に、
その崩壊が始まりだしたのだろうか・・・。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私もショックです

詳しい情報は本当に有難いです。

久しぶりにスポーツのテレビを見ましたら
桐生選手が1位になれるかと期待していましたら
強い選手がまだまだ出てくるのだと
思わず唸りました。

りんどうさんへ・・・本当にびっくりですね。

その世界では、いずれはケンブリッジ君が、と
期待されてはいたそうですよ。

それでも、オリンピック入賞は夢のまた夢。
せめて、リレーで・・・と期待したいしましょう。