草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   0 comments   0 trackback

おだてるな!


老いるということは行動が遅いというより 
決定決断が緩くなることかも。

何かを片付けたくても改めたくても決めたくても
一日伸ばしにしている・・。
ただただ面倒だなあと思っているうちに
やらねばならない日々の雑事や約束事をこなすので精一杯。

もう、いろいろなことから手を引く時期かなあ?

妙本寺の紫陽花。うっそうとした参道の木漏れ日の中。
2016070214200000.jpg

「90歳でもこんなに元気に・・」
「一生涯現役が目標・・」
わお、元気な年寄りの言葉に自分の意気地無さを思い知るけど
でも、これも、個人差よね。
老い方も能力別!
誰か声を大きくして言って欲しい。

医者から政治家からタレントから総若返り作戦。
冗談じゃない。ゆっくりのんびりさせてよね。
あんなに働いたんだもの。
御国には、所得税も消費税も払い、
なんとか保険やら年金やら積みに積んだんだもの。
「お若い」だの「いつまでも」ってさ、
面倒見るのが嫌だから言ってんじゃないの?
おだてたって、老化は止まらない。

そうそう、
現役を降りる・・老境ということは一種の贅沢だったはず。
若い人たちに甘えて過ごすって夢のような贅沢。
いつまでも若く居れとばかりの強制は
最後の贅沢をさせないぞということと同じ。

若けりゃ良いって風潮もおかしい。
小池百合子さんだって若作りしないで
厚化粧もせず、齢を重ねた魅力で勝負するべき。

じゃなきゃ、安心して老いることもできないじゃん!
ブウブツブツ・・・今朝は口から出るにまかせています。







スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2442-5c497377