どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

家の手入れを・・

 

築40年を超えた我が家。
かなりきちんと建てたつもりの家も、月日には勝てず、
水回り、トイレ、ふろ場を含めてキッチンの手入れを一昨年。
ついでに台所用具、食器の断捨離を完遂。
余裕のある流し台周辺や、食器棚が使いやすくなりました。

四畳の広縁がある八畳の和室と玄関ホールまでは、
昨秋、良い職人さんのおかげで、
安価で、それなりにさっぱりとした仕上がりで改装済み。

さあ、いよいよ、リビングへと期待していたのですが
職人さんが病気になり・・・
仕方なく鎌倉のインテリア屋さんにお任せで、
絨毯とカーテンを新調しました。
壁は板張りですので・・・・私が拭き掃除すれば済む。( 一一)
あとは天井の布張りと照明器具の新調が残るのみ。

さてさて、大物入りは大谷石の塀!
黒ずんでいるのが気になり、どうしようかと悩んでいた折のチラシ。
【汚れた大谷石の塀をよみがえらせます!】との【石萬】さん。
早速頼んで・・少々予算オーバーですが・・・思いきって頼みました。
削って、新しい石板を張り付けて・・の大仕事。
騒音ガーガーと埃で、近所迷惑の二週間が過ぎ、
やっと、出来上がりました。
門灯を取りつければ完成です。

2016081116010000 (003)

塀を綺麗にしたら古家も気のせいか綺麗に見えます。
広くなった気がします。

「何とかしなくちゃ・・」の私のストレスが解消しました。
その代わり、中欧、北欧への旅行は諦めます。

暑い中、黙々と丁寧な仕事ぶりの石工さん。
こういう仕事は減って行くのでは?の問いに
「来週は、七里ガ浜のお宅へ行きます。」とのお返事。

そうですよね、
40年前の建築には大谷石が使われたものでした。
それぞれ、風雨の中、劣化してしまったのでしょう。

庭の樹木は、このところの異常な暑さと石の粉と、職人さんの出入りで散々。
花はこれだけ。返り咲きです。
2016081116020001.jpg

だいたい、日本建築って、寿命は長いはず。
木造なら、古びるのも趣きのうちだったのに・・。
ピカピカの新建材や、タイル張りの家々の中では
古びるのは汚いとされるような雰囲気に。

リフォームや改築が流行っているけど・・・・・。
それは、建築物だけでなく、
人間も、車も、なんでもかんでも新しさや美醜が問われている。
変だよと!おもいつつ
やっぱり、日本は豊かなんだなあとも思うのです。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • こなもん・・・?2 (05/28)
  • こなもん・・・? (05/27)
  • オリンピックなんて (05/25)
  • 【薔薇】または【The rose】。 (05/24)
  • 紫蘭・・・準絶滅危惧種!? (05/23)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索