草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
Posted by 草笛   2 comments   0 trackback

終の棲家・・・

    
「マンション暮らしは楽ですよ。」
老いた今、魅力的な言葉だ。
経済的にも、生活スタイルも、物理的にも、人間関係も・・・
たぶん、究極の断捨離の遂行となる。
解っている・・・・

「管理費も結構負担でしょ?」
「猫も飼えないでしょ?」
「夫が嫌がるし・・」
第一、住まいの売買や引っ越し騒動・・大仕事をする自信が無い。

2010082606520000_201609240602200c3.jpg

生活環境の激変は、いまや、夫の老化を促進するのでは?
生まれてから、どこの土地よりも長く、人生の大半、42年間を、
この緑豊かな温暖の地で過ごした者にとってはこれ以上の土地があるだろうか。
つかず離れず、支援くださる、若い時からの友人知人も多く住むこの土地。
私が手塩にかけた生徒たちも・・・・成人した姿を見せる、この地に。
正直、去りがたい。

子供たち二人、この鎌倉を故郷と思い、愛し、すでに、この地に住まいを定めている。
親の近くにとの、子供なりの配慮もあるのだろう。
手入れをしつつ、心身、いよいよとなるまで・・・・この古家に棲もう。
いよいよとなったら、
娘と息子の家の中間あたりの小さくて小奇麗なアパートを見つけて
ひっそりと暮らそうかとおもう。
寝たきりになれば・・・施設にでも入れてもらえればOK!

我が父母の人生を「人生の達人」と評価した方がいたが、本当にそう思う。
今でこそ、よく見るサザエさん一家のスタイル、娘夫婦との同居を決意し、
諸々のわずらわしさを受け入れて、
逝くまで、娘一家と孫と、忙しくも楽しく過ごしていたのだもの。

転勤族の父が晩年になって見つけた
最後の、最後の【終の棲家】は私の【終の棲家】にも?。

2010012912230000鼻@@@

のん太、10歳になりました。昔なら老猫というべきか・・。





スポンサーサイト

Comment

今治りんどう says... "終の棲家"
のん太君の写真はいいな~と思いつつ

折角在るおうちはいつまでもお住まいになられたほうが
いいです。住み慣れた所ですもの。

2016.09.26 11:11 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
草笛 says... "りんどうさんへ・・終の棲家"
はい、いまさら動けません。
昨日もライフタウンに住む従兄から、モールの近くのマンションへ
越したという転居通知が届きました。

なんとなく寂しいですが・・仕方ないですね。

2016.09.27 09:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2517-33abf548