2016/11/08

絵手紙教室

  

老人会は絵手紙教室
この先生の絵は正統的で上品。
どんな方にも出せる絵手紙だと思っている。
ヘタウマ・・・乱暴な書きなぐる風情の絵手紙・・が流行らしいが
頂くと、正直、なんとなく違和感を覚える。

2016110812170000.jpg

それでもやっぱり、これは趣味の世界。
目上の方への正式な・・例えば・・お礼状などには使えないと思っている。

教室譲渡の際の御礼とお詫びが、
この絵手紙だったこと…屈辱的とさえ思ったこと。
今となれば昔・・一年半前・・のことだが忘れられない。
若い世代と感覚があまりに異なっていることを
諦めようと思いつつ
日本独自の敬意表明の伝統は遺したいとも思う。

食べごろになったラフランスと伊豆、長泉の特産の四つ溝柿。
相変わらず、素早く書き上げるけど…雑ですねえ・・。

2016110812130000.jpg

四つ溝柿・・・伊豆、神奈川に自生する渋柿。脱渋すると甘く種もない。
photo_kaki1.jpg


午後からはコンサート終了後の最初のレッスンに行きます。
どんな顔でいけばよいのかなあ?
先生は過ぎたことには触れないタイプだから
私からは、何も言わないでおこう・・・。
未だ出発まで一時間あるから、
新曲の練習、練習、という具合でいつもの付け焼刃。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

絵手紙教室

綺麗な絵手紙を見ていると

今習っている絵は恥ずかしいです

PCの絵をなぞるのが難しいです。

珍しい柿があるんですね。

りんどうさんへ

絵は難しいですね。静物画か風景ならなんとか誤魔化しますが、動物になるとまったく描けません。
いいんですよ、できないことが多い方が、他人からは好かれます。
どうも、世の中はそんな感じです。
合唱はクリスマスに向けてお忙しいのでしょう?