2016/11/20

梅酒・・



連れ合いが居ない夕飯は、じつに楽な事この上ない。
好きなように好きなものを食べて、飲んで。

アルコールアレルギーの夫のいない夜は日本酒を少し頂く。
初夏に仕掛けた梅酒が出来上がってきたので、
昨日今日は梅酒。
小さめのグラスに、日本酒で割って飲む。
飲む・・というほどの量ではない。
甘さが緩和されて・・・チーズやハムにも合う。甘めのワイン?
含水炭素系は避けているので夕飯はこれで済ます。

2016111913590000.jpg
頂いた次郎柿を添えて・・

昼食は、鮮度の良いイサキのグリル。
尾頭付きの魚も、夫の留守の時だけ。
骨の処理が苦手な夫には出せないから。
新婚時代は骨を丁寧に取ってあげたりしたけど・・・
面倒くさいし、それほど美味しいとも言わないから出さない事にした。

2016111913160001.jpg
焦げてるみたいけどそうでもない。みかんのソティを添えて。
副菜は白菜のサラダ・・・白菜を細く切ってドレッシング和え。

二か月に一回ぐらい三泊の麻雀旅行に誘われての留守。
軽井沢にある、若い友人・・昔の職場の部下?・・の別荘に
男四人集まって
昼は麻雀三昧、夜は温泉のハシゴと、のびのび過ごすらしい。
朝昼晩と、料理上手なおひとりの手作りの振る舞いとか。
帰宅すると少し太っているのが、なんとも憎たらしい。

およそ【オトコの沽券】などとは、縁も無く、
常に平らかで穏やかで、麻雀に強い。
時々は資金も?
そうなれば、若い人に支えられ、誘われ、楽しそうだ。

それにしてもよくぞ言ったもの。
「亭主、元気で留守が良い!」・・。
おかげさまで私も、のんびりとゆっくりと飲んだり食ったり。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

それって!

男4人でなくて、お相手はご婦人お一人ですわよ(~_~;)

うわっ様へ

そうかもしれませんね。
それなら良いのですが。彼の晩年が華やかになる。