2016/12/18

アルゼンチン・タンゴの夕べ



昨夜は大船のレストランでアルゼンチンタンゴのデイナーショウ。 
大船駅周辺は、戦後闇市的商店街のまま、長い間放置されていたせいか、
いまだに、あか抜けない、雑駁な街です。(・・・すみません、私の感想)
それでも、いざ、意に適う趣向が在れば、
横浜の緑区、栄区、鎌倉、逗子、横須賀から人々は参集します。

2016121809310000.jpg


三浦半島の首根っこ、JRの主要駅という地の利。
オーナーの熱心な勧誘。
定員いっぱい、80人が食事とタンゴを楽しみました。


2016121717440000.jpg

バンドネオン奏者をリーダーとした演奏は思いのほか素晴らしかったです。
都心のコンサートに引けを取りません。
行って良かったです。心から楽しみました。

歌手の青木FUKIさんはyoutubeに度々登場する歌手。
シャンソンでは有名な方ですが、このたびはタンゴだけで8曲の披露。
このブログでも、何回かご紹介しています。
魅力的な声と姿態と、表現力、オーラ!メジャー的存在そのもの。
8っ曲のために三度のドレスの御召し替えも目の保養。

2016121718350000.jpg

実は、あまり期待も無く、義理半分でチケット購入し、
友人を誘うのは申し訳ないとばかりに、一人で行きました。
周囲は仲良しグループやご夫婦のお席。
私だけ一人。
反省、
なんでも、お誘いをするということは好意、友情の一つ。
例え、断られても自分は傷つくことも無い。
お金と時間と体調さえよければ、
楽しむチャンスを提供するに貪欲になるべきなのだということ。

「60歳を過ぎたら、お誘いには可能な限り乗る。
それが老後の生活を豊かにするもの」
と、語っていた友人の言葉、いまさらながら納得!。

家庭から自由になった熟年以上の男女で一杯でした。
どうしてどうして、
大船もジジババもまだまだ発展途上です。

 



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

のん太君いいお手ですよ。
プーチンさんのこともがっかりでした。

本当に草笛さんは音楽がお好きなんですね。
その行動力にも頭が下がります。

まだお若い証拠です。

りんどうさんへ
ありがとうございます。
歌が好きなのです。合唱もよく聞きに伺います。
他に趣味がないことに気づき、慌てています。
いまさら何か始められないし・・・