草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。
<< 2017Jan. Feb. Mar. Apr. May Jun. Jul. Aug. Sep. Oct. Nov. Dec. 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>

Admin  |  New entry  |  Up load  |  All archives

Prev Entry | main | Next Entry |

とうとう・・

2017.01.04 Wed
   

三日の朝、七時、私のシャンソンの師,
堀 陽子さんが亡くなりました。。

私の人生を色濃く染めてくださった方。
家族以上に、様々に影響を受けた方です。


覚悟の上とはいえ、これから、とにかく、どうしてよいのか。。
29日に病室に伺ったときはお元気でしたのに。
「来年の発表会はね・・」なんて希望に溢れていらしたのに。

十月三十日、横浜美術館地下の、レクチャー・ホールで。
発表会はお稽古をする者にとっては不可欠との信念で、
闘病中を押して、歌の指導はもちろん衣装も、企画演出をしてくださいました。

IMG_0484 (002)

弟子、13人と一緒に、最後の【ケ・サラ】合唱。
三曲熱唱して、体力気力を使い切った先生をみんなが気遣いながら
手を握り合って支え念じていました。

IMG_0477@@@.jpg

病の影もみせず、最後まで、美しくオシャレでした。

【みなさん、今日は、ひときわ良かったですよ】
人影の去った楽屋で、ぽつんと、初めての褒め言葉。

12月6日、横浜デュモンでのソロコンサートが最後のステージ。
百万本の薔薇、人生の贈り物、ボン・ボヤージュ、おお、我が人生・・
10曲を丁寧に素敵に唄って・・・翌日、入院。そして・・。

歌の指導はもちろん、ステージの演出家としても、
歌手、演奏家としても非常に優れていたと信じています。
たくさんの方々に、歌う喜びを教え
唄うことは心の発露だということを伝えて
最後まで、立派にステージを務め上げ、
歌人生の総決算する姿を周囲に見せて・・・
本当に価値ある人生だったと、心から称賛します。


合掌





 

スポンサーサイト

  • ジャンル : 日記
  • スレッドテーマ :

COMMENT



これを最後に読ませてもらって涙しました。
まだまだのお方でしたのに、残念です。

きっと天国でも歌っていられることでしょう。
お悔やみ申し上げます。

残念で、悔しいです。
まだまだ若いのに。68歳なんて!

最後の瞬間までレッスンの夢を見ていたそうです。
「もっと声を出して・・・」とか、言っていらしたとか。
ご主人から聞けば、またも涙涙です。

ADD COMMENT












TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2610-5d7e94b2

プロフィール

草笛

Author:草笛

FC2カウンター
ランキングに参加しています
カテゴリーは時事ニュースです
1日1回ポチっとお願いします
最近の記事
最近のコメント
お友達の更新ブログ
リンク
このブログをリンクに追加する
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蝶が舞うリースの時計
蝶が舞うリースの時計
ブログ内検索
RSSフィード