草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

「一人星の上で」♪ 。


ジルベール・ベコーが唄って大ヒットした曲。


【ひとり星の上で】

星はもちろん地球のこと
独り居の寂しさを呟きながら、まだ見ぬ愛する人を想う・・。
女性用の訳詞は甘くて、若い情感
「これ、あなたに合ってるよ。良く歌えてる・・。」と先生に言われながら
ステージでお客様の前で唄ったことが無い
余り、興味のない歌詞だったので。
もっと派手な、インパクトの強い曲を選んでいた。

一人 星の上で 
孤独な暮らしを 毎日続ける 惨めな夕暮れは
ふるさとの母に手紙でも書こうか このまま眠ろうか
出かける気もしない

故郷(くに)を離れ この広い都会の片隅 一人で生きている
幸せを求めて 捜して 私は 生きている 長い間



ふっと、そんなこんなを思い出して歌って見る。
しみじみとしたセンチメンタルな歌詞。
今の心境に合っている・・?

また、引っ張り出して歌おうかなあ。





スポンサーサイト

Comment

今治りんどう says... ""
静かな人に語り掛けるような曲で
いいですね。
2017.02.06 14:12 | URL | #Sm/ug.UM [edit]
草笛 says... ""
りんどうさんへ
ほんとに、静かな語りですね。
女性が唄うと、サビのところで華やかになりますが・・。
女性歌手が歌って【愛の流れに】という題にもなりました。
2017.02.06 17:27 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2632-97bab6be