どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

いまさらながら【沈黙】を読む

   

近い内に、アメリカ映画【沈黙】が来ると聞いた。
あの遠藤周作の作品の映画化らしい。
前評判が凄く良い。
原作者が言いたかったこと・・・神の沈黙は何故か・・・
というキリスト者なら必ず抱く疑問に正面から取り組んでいるらしい。
当然、日本におけるキリスト教信者への弾圧と抵抗が描かれているだろうが、
単なる歴史と惨劇を描いているだけではないらしい。

神の沈黙は何故かという永遠の謎に対峙した映画だという。
是非とも観たいと思った。

よくよく考えると、この小説を未だ読んでいなかった。
テーマもあらすじも知っているゆえの甘え。

恥ずかしながら、改めて、今、読んでいる。
2017030714530000.jpg


考えてみれば、中高大と、キリスト教主義の中で学んできた。
それなのに、キリスト教は馴染めなかった。
西欧的文化文明のすべてにちりばめられたこの思想を
常識以上に知っていたおかげで、少しは深く味わえたはずと思っている。
父親の選んだ【価値観の多様性を学ばせたい】とかいう理想は、
教養としては、無価値ではなかったと言えるかもしれない。

純真無垢?だった12歳からのキリスト教漬けの中でも馴染めない。
何故か?
おそらく日本人の血の中に受け入れられないものがあるんだと思う。
我が民族が持っている自然崇拝…多神教的精神・・・
自然に沿って生きることこそ大いなるものの意志だと信じて。

何より、その、楽観性にあると思うのは私の勝手な推測。
太平洋を取り巻く島々の民族共通の根っからの楽観性。
この世は天国!
明るく楽しく過ごそうぜ!
歌って踊って・・・憂さも不安もぶっ飛ばせ!
死んだら自然に帰るンサ!

キリスト教の持つ、徹底した内省的思想にはついていけないのだ。
反省したり、神の審判を恐れたり・・・許しを乞う日々の祈り。
本能的欲望の抑制をもって信仰の証としたり。

ね、環太平洋民族には耐えがたい。

弾圧や苦難の中に苦しんでいる人間に神様は救いを下されない。
苦難さえも神の与えたもう喜びだというんだから・・・。
『主よ、私の何がいけなかったのでしょう?』
『何故にかくも厳しい苦難をお与えなのでしょう?』
苦しみの果てに問う質問に常に沈黙している神様。

環太平洋民族には耐えられないんですよ。
西欧文明を学び信じ追っかけ近代化の進んだ日本においてさえ、
いまだに、キリスト教さんは、その布教と浸透に失敗している。
かといって、
戦後、なんとなく持っていた伝統的宗教心を取り戻す術もなく、
広がるのは、精神世界とはかけ離れた殺伐とした欲望のみ。
今に至って、勝手気ままな日本人が多く出現する理由のひとつかな?
せめて、『お天道様が見てる』ぐらいは持っていてほしい。

さて、【沈黙】の中で、
遠藤周作はなんと答えを見つけているのだろうか?




 



スポンサーサイト

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  • 懐かしい場所で・・。 (06/26)
  • 初夏に・・五句と一首 (06/25)
  • マオちゃんの悲劇 (06/24)
  • 【暗い艀】♪・・・ (06/22)
  • 銀座シックス見参 (06/21)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索