2017/05/15

駄句五つ&短歌一首

       

       五月雨や 猫とじゃれあう老いの家
       薔薇なれど枯れにしままの思案顔
       枯れし薔薇 豪華なりしを娘(こ)に告げぬ
       おずおずとラインにて逢う立夏かな
       母の日と重なりて齢一つ増え



          ヨガ教室にて短歌一首
       
       五月風をはらみてレースのカーテンは
             屍のポーズをとりし我が上流る  



       われながら、なんとも理屈ぽい俳句と短歌
       プレパトなら夏木先生にコテンパンに言われそう。
       【才能無し】です 


      DSC_0030.jpg

     紫蘭が広がって見事ですが・・こうなると雑草めいてきます。
      歳時記に見つけました。
       【我が庭や 紫蘭の花に夕月夜】 玉鉾さん 







.

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 昨日書き込みには、長々と余白があったのに気づかず送信し、申し訳ありませんでした。

 俳句、短歌もお創りとか、本当に多彩な趣味をお持ちですね。俳句では、「おずおずと」と「薔薇なれど」の句が素敵だと思いました。若々しい感覚をお持ちだと感じました。短歌は字余りの部分がやや気になりました。
 
 私も長年短歌を創ってきました。結社に所属したいたのですが、主宰者が亡くなったら、分裂し、その後に入った結社も分裂し、今はどこにも所属せずに作っております。私の腰折れをご披露致します。

 季は巡り花の華やぎ還りたり時を逝かせる哀しみもまた
 春手袋脱ぎて片手に握り締め我の無言に君は堪えおり

ソレミオさんへ・・・俳句

ひえ~~。短歌など、初めてなのにアップして恥ずかしいことです。
俳句は父親の趣味でしたので・・・いつも、思い出したように四句五句つくって遊んでいます。何処の句座にも出ず、先生も居ません。まったくの独学というか独善に近いです。いずれ良い結社をと探しているのですが・・。

土曜日はローカル線の旅すれば相合い傘の後ろを歩き

お目出とうございます。

丁度私も娘のお姑さんと
戦争時のお話をしたばかりです。

お嫁さんからのお花もありがたいですね。

友達がカーブス一辺倒です。
あちこちにありますね。
近くの知り合いも通っています。

はっとする花の写真です。

俳句や短歌は感心するばかり。

コメントが昨日はどうゆう訳か出ませんで
今朝は出ました、、ほっとしました。

空さんへ・・・Re: タイトルなし

> 土曜日はローカル線の旅すれば相合い傘の後ろを歩き

高校生でしょうか?男の子が頭をかがめて・・。
なんてね。想像が広がります。素敵です。

りんどうさんへ・・Re: タイトルなし

ウイルスが跋扈しているとか、関係ないかもしれませんが怖いですね。
パソコンが調子悪いときはじっとして待っています。
なんだか世界中が変。どうしようもないですね。