草笛日記

どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

MEPHISTO(メフィスト)の靴

  

腰を悪くしてから・・・ハイヒールは禁止。
ドレスアップする折は、低めの太いかかとのあるパンプス。
長く歩くときはRUKOLINEのスニーカー。エナメルの黒か白を履く。

白が汚れて来たので、ネットで銀色を頼んだけど、これが失敗。
底が厚くて船底、ヒールがなくても背が高くみえる?と選んだのだけど
重い!船底なのにヒールの高さが無理。
あああ、返品の手続きが難しそう・・・。

朝、町内の年下の友人が
「これ、履かない?」と持ってきてくれたのがゴールドがかった茶色のローファー。
銀色の鋲が素敵。
これなら、スポーティーにも普段の装いにも合う。

DSC_0091_20170528161528792.jpg


まあ、ぴったり!。
「これね、新品。在庫品だったの・・・。」
「あなたなら履けると思って、プレゼントするね。」
なんというラッキーなお下がり!
足腰をイタイイタイというおばあさんへの思いやりでしょうか。
またも、若い人の温かさに触れて感謝です。

イタリアのブランド、MEPHISTOにお勤めだった彼女。
シュー・フィッターというのかな?
このブランドは靴底に工夫があって柔らかく歩きやすい。
足腰を痛めてから
ロウヒールのロング・ブーツを、一昨年の秋、知らずにこのブランドで購入。
履き心地、歩き心地の調子が実に良い。
きけば、なんと、法王の履く長靴を製造してきたメイカーだとか。
少々高価だけどその価値は充分あると思う。

早速、履かせていただいて、昨日は川崎、溝口をうろうろしたけど
靴を意識しないで過ごせた。


老いても尚、何かとお金がかかる。
今まで持っていたもので過ごすというわけにいかない。
それじゃあと、新しくするにしても、
いわゆる老人用の靴では、外出の際、心が躍らない。

歩き良さを追求するとはいえ、もっと素敵なデザインを用意して
高齢者の消費意欲を刺激しなくちゃと思うんですが?。





 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kusabue514.blog117.fc2.com/tb.php/2744-948bc264