2017/06/05

【千の風になって】♪  

 

今日は、晴れ渡った美しい一日でした。
それなのに、どうしても、忘れられない。
何かにつけて思い出す。
「先生と観た」「先生と食べた」「先生と車で通った」の日々。

親が死んだときとも、友人が亡くなったときとも違う。
何か・・・頼り無く、寂しい。


たぶん最後のコンサートは12月初めの横浜元町のデュモン。
その前に11月に横浜での発表会。

これは・・・その前後のクラス会でのお姿。
鎌倉市立御成り小学校同級生の前で必死でお歌いになったのだろうな・・・。
シャンソンつなぎでブログをお読みの方から送っていただいた写真です。
三月にはいただいたのに・・・やっと載せる気持ちになりました。


877A7280.jpg
星のモチーフがお好きでした。

作詞作曲した新井満さんが歌っています。
堀先生も、こんな風に、歌詞を引き立てるように、自然にお歌いでした。

 

「先生、弟子どもはやっぱり歌が好きです。
教えて頂いたことをなぞりながら
歌う場所があればそれぞれに、一生懸命歌っています。
至らない歌ですが・・・聴いていてくださいますか?」


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

先生と草笛さんの関係は私たちの思いは
中々想像が出来ませんが
胸が一杯になります。

志を継いでいつまでも歌い続けて
ください。
このうたを作詞作曲なさった
新井満さん お声を忘れぬようにします。

りんどうさんへ

ありがとうございます。
一つのこと、一人の人に、拘泥し続けるという性質で・・・。
辞め方、別れ方が、下手です。
それも、自分がというより相手を思ってのことのはずでしたが・・そうではなく、私自身の執着心だったかも。
後、半年、この状態でしょうが、いずれは・・・。