2017/06/14

よく似ているのよ・・



この季節になると、必ず、あちらこちらで見る黄色い花の塊。
やわらかな緑色の葉が半球体にこんもりと茂り、黄色い花をたくさん咲かす。
a_00000000924.jpg

美容柳または美女柳
biyouyanagi16_7-1_20170612211410235.jpg

そして、

錦糸梅
kinsibai03.jpg


柳とつくほうが、葉も枝も柔らかく、中の蕊も長い。
嫋々とした風情があります。
梅とつくのは、梅の花に似ているからとか・・。

こうやって、書いていても、混乱しそうによく似ています。

雨の晴れ間に、そこここの石垣や門の傍らに見つける黄色い毬状の灌木?
見過ごされそう・・・そのせいか、夏の季語なのに俳句も少ないんですよ。
あんまり、感銘をもたらさないのかな?

昔々、20歳前後のころ、日比谷の帝国ホテルの中庭、
小さくて日陰の中庭に、
この花だけが数株、規則正しく植えられて、明るい光の塊りを成していました。

旧館の佇まいを覚えている方いるかなあ・・・
明治村に移築されているとか。
その、喫茶室の窓から見ていたのです。
鬱屈した気分を、一時、解き放つに、ちょうどよい薄暗い空間でした。
若い娘、独りで座る娘に、
中年のウエイターは、変わらず丁寧な大人の応対をしてくれたものです。

私だけがこの花に抱く感傷かもしれません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

美女柳 と聞いて名前を覚えました。
良い思い出ですね。

錦糸梅とは知らず同じものと思って
いました、

眼を皿のようにしてこれからはみるようにします。
眼も耳も悪くなり頭もつづきます。

りんどうさんへ・・美女柳

美容柳ということも。
紛らわしいのですが、柔かい感じが美女柳だと思います。
黄色の花は、この季節、冷遇?されます。!(^^)!