2017/07/14

変な人たち・・・女性編

   



公文式教室の全国展開が進み生徒数は増加の一途をたどっていたころの話。
親しくさせていただいている指導者さんたちは全国にわたっていました。
生徒数も多く、指導力も高く、容姿に恵まれ・・・・素敵な先生たちでした。
でも・・・・少し、変!
それゆえか、地域指導者たちからは、なんとなく孤立している存在。
評判も「変な人よ」。

親しくお付き合いしていました。
彼女たちの言動に、なんとなく違和感があっても、その魅力に惹かれていました。
世間の常識との違いを、むしろ楽しく受け止めていました。

孤立する。
優れて際立つ個性は孤立するんですね。

さて、最近、マスコミをにぎわす女性議員さんと女優さん。
この方たちの変!は、病的な気がする。
精神を病んでいるのでは?。

でも、やっぱり、かわいそうだと思うのですよ。

男尊女卑がまだまだまかり通る日本社会。
女らしく・・・おとなしく・・・その上美しく・・することを強いられる社会。
秀でた女性に対する同性の嫉妬と排斥。
自論を唱える女性への意味のない非難。
過剰な自己防衛に走るほかないではないですか。

誕生日カードの宛先をミスられたら・・・私だって怒るよ。
当然、無能な秘書たちに激怒する。
さすがに、怒りから発したとしても汚い言葉は聞くに忍びないが、
これはお育ちから来るのか・・・
自分が成長過程で言われてきたから知っている汚い言葉の羅列。
こんな言葉を投げつけなければ、うっぷんが晴れないという彼女の孤独!。

また、
強く美しければ、愛する夫の裏切りに黙ってはいられないでしょ。
殆どの女性には手段がないから泣き寝入りだが
持っていれば、恥も外聞もなく、行使する。
甘言をもって、利用し、
いざとなれば、「公平を保つために距離を置いた」と逃げる週刊誌。

マスコミこそ、いじめの張本人

突出した女性の自己表現を、愛すべき個性と評価すれば
この世はもっと楽しいはずなのに。

時を経て、返り咲いたとしても、もう、美しくはないのですよね。
DSC_0191.jpg
先月の末に短く切りそろえましたが・・・

女性が真に実力で評価される時代が来る前のちょっとしたドタバタ。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

変な人たち

女性二人 詳しくはわかりません。
いろいろ騒がしいですね。

絵画も見られて幸せですね。

りんどうさんへ・・Re: 変な人たち

毎日、忙しいです。
趣味を持つ方々が発表する時期なのでしょうか・・。
この暑さの中、大変ですよ。
今日も、逗子まで・・・。

No title

 私の体験からすると、人間として能力のない男ほど、優秀な女性に対して、権力等で男尊女卑的な言動をしますね。人間として自分に自信があれば、女性を認め、優しく接する事が出来ると思います。内に劣等感を抱えた男こそ女性を見下した態度を取ります。

 劣等感といえば、内閣府が上級官僚600名余の人事権を掌握したのは、行政活動を政府主導でやりたかったのと、首相、官房長官に学歴コンプレックスがあり、権力で東大卒等の人間の上に立ち、彼らを顎で使いたかったのではないかと勘ぐっております。


 

ソレミオさんへ

その通りです。
コンプレックスは怖いですね。
男尊女卑の根元にもあるのですか・・ということは、昔から女が強かったのでしょうか?
(^_-)-☆

東大コンプレックスがあったのは、今気づきました。ありがとうございます。
麻生さんも安倍さんも漢字が読めな。きちんと勉強をしていない・・・。
裕福な家庭の坊ちゃんで受験を経験しないまま大学まで行った人に多い現象ですね。