2017/07/17

年寄りは涙もろい?




それがね、違うんですよね・・・。"(-""-)"     

若いころ、伯母やら伯父やらがすぐ泣くのを見てきました。
親戚の○○ちゃんの話、孫の話、近所のおばさんの話、ニュース、などなど。
涙のわけは、「かわいそうに・・」です。
同情の涙かも。

自分が高齢者になって・・・・泣かないんです。いえ、泣けない。
だって、世の中の哀しいこと辛いこと悲しみは
殆ど経験済みだし織り込み済み。
それに…同情する心身の余裕がない。


ある日、気づいたのです。
同じ伯母さん伯父さんたちが、晩年、泣かなくなったのです。
親戚、の誰彼の不幸にも泣かなくなっていました。

我が娘のお婿さんが60台に亡くなっても
「あれまあ・・・そりゃあ気の毒だね」でおわり。
「おばあちゃんに言うと、ショックで、死にたがるから言うまいね」と
取り決めてあったそうですが
本人は、意外や、ケロリとしていたとか。

被災地で、すご~~いお婆さんが
「亡くなった息子の分も生きる」って言うでしょ。
あれです。

いまの私、
可愛そうにとは思っても、あるいは悲しみに陥っても、
世の中の流れ、しきたり、理の当然と思えば、
大概は、ちゃんちゃら可笑しくって、笑っちゃうことが多いです。

高齢化による感性の劣化??

あ、そうよ。年齢なのよ。
私も子育てが終わったころ、もらい泣きしたり
映画や本にもよく泣かされていた・・・・。
昔の年寄りって、50,60代ですよね。
そりゃ、まだまだ余裕のある年齢だもの、泣けますよ。

そして、ある種の諦観も芽生えるんです。
いや、どんな悲哀も不幸も人はみんな乗り越えてきている事実。
それをしっているからこそ、老人は泣かないんだとおもう。

鎌倉中がこんな感じ。浴衣姿と、タンクトップの外人さんと・・・・
DSC_0189.jpg

DSC_0190_20170717082823898.jpg
大仏バス停前

総括すれば・・・何よりかにより、自分が一番可哀そう・・・。
今日この頃に至っても、いろんなことが辛すぎる。
もちろん、世の中すべての事件、自然現象・・そればかりか理不尽な別れも。
卑近なことながら
身体のあちこちが痛いし・・家事労働は負担だし・・老々介護の果は?
いちいち心を痛め泣いていたら身が持ちません。

泣かないよ。
そうじゃなきゃ、年寄は生きていけません。なんてね。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 映画やオペラや演劇を観ていて泣く事が今もあります。今までに一番泣いたのは、映画「チャンプ」を観た時でした。アメリカ行きの飛行機の中で見て、子役の演技に大泣きしました。オペラの「ラ・ボエーム」でも何度か涙しました。

 ただ親戚や友人知人の死に、それほど襲撃を受けなくなったのは確かです。人は死ぬものと若い時から見定めておりましたので、死に涙する事が殆どありませんでした。

 葬儀に泣き女を雇う事は日本ではなくなりましたが、韓国や中国ではその風習が残っているようですね。ただ黄泉の国に旅立つ時に人々の泣き声で送り出されたいが、どうかですね。私はある音楽で送り出してくれるように、身内には伝えております。

 

年よりは涙もろい?

鎌倉を歩いていると浴衣を着て歩いている
わかものがいて、つい見とれます。

外人さんが浴衣きて人力車に乗っているのも
いいですね。

自分のこと以外はほろりときますが
思い切りわんわん泣いていません。

ソレミオさんへ・・Re: No title

今日はありがとうございました。
頂き物まで恐縮です。<m(__)m>
歌を聴いていただくのはもちろんですが
逗子の会をご紹介したかったのです。
月に一回、下のホールですが、舞台になれるということでしょうか。

Re: No title

泣かないとはいあえ、幼児や動物など、純粋なものには涙ぐみます。
ネット上でみる、動画の数々。可愛かったりふしぎだったり。
動物だって人間と同じだと思う時が在ります。

 

りんどうさんへ・・・Re: 年よりは涙もろい?

夏休みのせいか、電波の調子が悪くて・・・・
さて、今日は花火大会のようです。

町中が浴衣姿にあふれていました。