2017/08/01

8月!


正直、毎月初めには「もう!」が付きます。
だって、あと半年も残らずにお正月ですよ。

さて、忙しさにかまけて放置していた庭が大変なことになってます。
中旬には植木屋さんが入るけどそれまで我慢できず・・・
朝30分、夕方30分、翌日の朝30分で、やっと藤棚のはみだし枝を伐採。
隣家にまで延びている弦!これだけは申し訳ないので頑張ります。

植えた亡父が、晩年、「もう、根元から切ろうか」と数回嘆いていました。
年齢にして、まだ72歳ぐらいだったはず。
今、とうに伐ったとて罪も無いのですが・・こうなると伐るに伐れない。

藤ノ木と言えど50歳近いとなれば、命さえ感じますから。

DSC_0243_20170801090503b60.jpg

ええ~ッ。昨日伐ったのに・・・

昔から藤沢は植木職の盛んな土地でした。
雨が良く降るし、温暖だし、東京という大消費地が控えていたし。
さすがに、和風庭園は消え、準というか真似事のようなしつらえが増え・・
ついに、この頃は植木屋さんの手入れを不要とする庭ばかり。

本物の植木職って、存続出来るんだろうか?



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

 年を取ると月日が早くなると、若い頃に大先輩から言われたのですが、今確かにそうだと実感しております。

 大したことをしていないのに、今年ももう八月になったと、嘆きつつ反省しております。