どんな事でも、好奇心の赴くままのブログです。

お食事会



まあ、なんというラッキー!
すっかり、ごちそうにあずかりました。!(^^)!

【三笠会館】。
いつもの【グルメの会】ですが、店長が替わって、3割近く値上げされて・・・
もう、ご縁がないものとあきらめていたら
友人が誕生会をしてくださるとのこと。

主婦の昼食としては贅沢ですが
たまに「お金持ちごっこ」するには良い場所です。
豊かな気分で、美味しいものを前に愉快な会話・・・
なにより、調度品、優しいサービス、その雰囲気を愉しむ。
これって、大切なこと。
枯れていくばかりの高齢者だからこその贅沢です。
爺や,婆が、若き日のプライドを維持し、ちょっとばかりの見栄を愉しむ。
生きるエネルギーになります。

鯵のマリネ・・・
美味しいアミューズメントに舌鼓打っていたら後は撮影を忘れました。
DSC_0041.jpg

「一度だけ、デイズニーランドと回転ずしにいきたい・・」ちょっと年上の奥様。
「良いですとも。行こう行こう!」もちろん私。
「私が設定しますよ~~」若い方。

瓢箪から駒。
秋には、デイズニーランドへお泊り付きでレッツゴー!のお約束。

猛烈に働く夫を支えて、学歴社会の中、孤軍奮闘の子育て。
訪れた退職後のつかの間、夫との数々の旅行・・・
重ねた人生は恵まれ幸多く、思い出に不足は無い。
いまは、子供たちとも離れての静かな暮らし・・・。

そう、デイズニーランドに行きそびれた世代、
息子娘と孫と一緒に行っても、
子守と荷物番に、使われただけの世代、

心行くまで、ゆっくり楽しみましょうね。

あ、老人だけのサービスデイの企画があれば良いのに。
だって、今や、老人人口のほうが多いと思うから。
日経の「私の履歴書」連載中のオリエンタル・ランド会長に、ぜひ、言上したいなあ。
鎌倉連合老人会でいくのも良いかも。
御用達のバス会社にも掛け合ってみよう。

そうそう・・回転寿司はいつでもご相伴しまっせ。







【五月の薔薇♪】塚田三喜夫さん



個人的にコンサートをするなら、オープニングはこの歌!
ナンチャッテ・・・・

五月の薔薇


塚田三喜夫氏は42歳の若さで亡くなっています。
ミュージカル出身ではありましたが美声を買われてのこの歌。
朗々と歌うイケメン歌手は期待され、この曲もヒットして。
肝臓系の病気であっという間に亡くなったそうです。

同列系の水原弘、布施明も歌っています。
水原弘の歌唱が素晴らしいと思っていますが・・・好き好きですね。
アッ!水原弘も、43歳ぐらいでなくなっていますね。

出だしにバックが唄う「サヨナラ~」が良くないのかな?


Facebookの仲間から頂戴しました。
18446939_800096706826195_2489728619199053055_n.jpg

天性の美貌で生きている方々への偏見が強いわたくしメ、なれど
薔薇の美しさに脱帽です。
美しさは才能。
美しい人はそれだけで存在意義があるのです。





【薔薇の花に心を込めて】♪ 。

 


山田耕作氏が奥様のソプラノ歌手、山田真梨子さんに捧げました。
「薔薇よ 薔薇 薔薇の花、ささげまつらん・・」
この上なく格調高い旋律。宗教音楽のようです。
福岡女学院コーラス部で習いました。
レコードも持っていました。
薔薇を見るたびに、いつも口に上る楽曲です。

そして、やっぱり
薔薇の花は別格の美しさですね。
その名も、ジーナ・ロロブリジーダ!

18447319_799786073523925_6604552376428493414_n_201705161504201a4.jpg

大阪中之島公園の薔薇園。
フェイスブックの友人に拝借しました。

 



駄句五つ&短歌一首

       

       五月雨や 猫とじゃれあう老いの家
       薔薇なれど枯れにしままの思案顔
       枯れし薔薇 豪華なりしを娘(こ)に告げぬ
       おずおずとラインにて逢う立夏かな
       母の日と重なりて齢一つ増え



          ヨガ教室にて短歌一首
       
       五月風をはらみてレースのカーテンは
             屍のポーズをとりし我が上流る  



       われながら、なんとも理屈ぽい俳句と短歌
       プレパトなら夏木先生にコテンパンに言われそう。
       【才能無し】です 


      DSC_0030.jpg

     紫蘭が広がって見事ですが・・こうなると雑草めいてきます。
      歳時記に見つけました。
       【我が庭や 紫蘭の花に夕月夜】 玉鉾さん 







.

誕生日・・・



誕生日って言ったって・・冥土への旅の一里塚ですからね。
ただただ健康ばかりに気を使う日々が続いていて、嫌になる。
久しぶりにヨガへ行けば・・
叱咤激励の前についつい頑張って・・・
痛みをぶり返す。

ほんの去年までは腰痛といっても一時で、元気に飛び回っていたのに。
今年は・・・一時間歩き回るのがひどくつらい。
ベンチを見つけるとすぐに座る状態。

姿勢が悪いの
靴がマッチしないの
何を言われたってが一番!
歌を歌う時ぐらいは姿勢よくパンプスを履いて・・と心がけるが
たぶん、きっと、いつの間にか、オアバサン姿勢だろうな。
前傾姿勢の方が、椎間が離れて楽なんですよ。
だから、老人は殆ど前かがみでしょ。
自分がそうなって、初めてわかることなんです

あ、靴はね、持ち運んで履き替えるようにしています。

老化にも個人差があるんですよ。
誰でも彼でも、体操して、水中歩行して、カーブスで、というわけにはいかない。
本人の努力不足でもない。

K教室へ行っても、塾へ通っても、学力付かない子と同じでっせ。(^_-)-☆

「早い老化は若き日を存分に消費した証」とばかり、
昨日は雨の中、大船のヴィオラまで行って(もちろん、車で)歌ってきました。
ウン千円をお支払すると二曲、ピアニストの伴奏つきで唄えます。
みなさん、シャンソンの心得がある方ばかりが集まる。

おひとりの男性が、【さくらんぼの実る頃】を素敵に熱唱。
良いなあ・・と聴いていましたら、
「お誕生日を迎える方へ・・」とのコメント。
へ?私かい?なんで?なんで?絶句!
やっと気づいたのは、このブログをお読みの方だったんです!!

先日、誕生日が来るってアップしたかも。

有り難いことです。
まだ祝ってくださる方が居るのですね。
余りの驚きで丁寧なごあいさつも出来ずに早々に退散。
本音、ちょっと恥ずかしかったのです。
まだまだ乙女心・・心だけは若い・・は残っておりますのよ。

DSC_0027@@@.jpg


お読みいただいている皆様方が、今も若々しくお元気なら
美貌と同じく、頭脳と同じく、体力もまた天性のものと心から感謝するべき。

若さを誇示するのは・・・
重病を患う人の前で自分の健康を自慢するのと同じぐらい
老人の心を傷つけるかも?ぐらいは忖度してくださいね。(^_-)-☆







  • 紫蘭・・・準絶滅危惧種!? (05/23)
  • 噂話 (05/22)
  • せっかくなので・・・駄句、いくつか。 (05/21)
  • 大山千枚田・・・棚田 (05/20)
  • 少々、傲慢になってはいませんか? (05/19)
  • プロフィール

    草笛

    Author:草笛

    FC2カウンター

    ランキングに参加しています

    カテゴリーは時事ニュースです

    1日1回ポチっとお願いします

    お友達の更新ブログ

    月別アーカイブ

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    蝶が舞うリースの時計

    蝶が舞うリースの時計

    ブログ内検索